18バンタムMGL オフセットクラッチ。親指が喜ぶサミングヘルパー。

スポンサードリンク

’18バンタムMGLに装着した、カケヅカデザインワークスジュラルミンオフセットクラッチの効能についてです。

純正と比べて、ローダウンし、スプールに近づく、という位置関係になるオフセットクラッチ。

その使用感をシェアします。

バンタムMGL ジュラルミンオフセットクラッチ

 

カケヅカ製作所からバンタムMGL用のジュラルミンオフセットクラッチが着弾いたしました。

頂きモノですので、アマアマな評価になる事お許しください。

とはいえ、読んでくださる方のために、割とガチな製品レビューを厳しい目線で?したいと思います。

こっちが純正か?見た目のマッチング

 

私のオフセットクラッチは、「ガングロック」と呼ばれるカラーです。カラー名が素敵すぎるww

こっちが純正か?と思うほど、バンタムMGLの濃いめのガンメタカラーにマッチしています。派手過ぎないルックスも個人的に非常に好み。

さりげないリールカスタム、という事でとてもそそりますね。

違和感たっぷりのバンタムMGL純正クラッチレバー

 

正直、バンタムMGLの純正クラッチは違和感がスゴイです。問題点は2つ。

位置が高すぎる!

 

まず位置が高すぎるという点。(かけづかさん画像お借りしました!)

特にワンフィンガーやツーフィンガースタイルでロッドを保持したとき。

パーミング(リールを包み込む所作)をあまり深くせずにクラッチを操作すると、高く感じます。

 

そして、クラッチを切ったときに、スプールからやけに離れてしまうという点。

サミング(親指の腹で、スプールを抑える動作)をしたとき、クラッチが邪魔な上に、スプールが遠くになってしまい、やりにくい。

 

メタニウム系のクラッチレバーとは明らかに違うモノになっているのですが、改悪だと言わざるを得ません。

正直、これの操作感が好きな人は稀ではないでしょうか。

ジュラルミンオフセットクラッチ導入でほぼ解消

 

カケヅカデザインワークスのジュラルミンオフセットクラッチは、練りに練られた絶妙な形状となっています。

斜めにきれいなRが付いた形状、そして適度にスプールにも近づくため、親指をスプールへアクセスしやすい!

 

単純なドレスアップだけでなく、「サカナを釣る為のリールカスタム」という目的をしっかりと果たせます。

(少し大げさかもしれませんが)

デメリット

少しだけ重たくなる。

KDW オフセットクラッチ 自重

 

シマノ18バンタムMGL 純正クラッチ 自重

 

樹脂製の純正クラッチレバーと比較すると、少しだけ重たくなります。写真は取り付けネジ含むそれぞれの自重。

とはいえ、約1.5g増で、全体の自重に及ぼす影響はほんのわずか。

耐久性が大幅にUPしている事を考慮すれば、許せる範囲です。

お高い?

一般的な消費者目線で考えると、少しお高いような気もします。

 

しかし、ジュラルミンの塊から削り出しする際、大量の削りカスが出ることでしょう。

また、プロトクラッチも大量に作ったりと、設計に工数がかかります。

 

それら「見えないコスト」に思いを巡らせてみてください。すると、決して高いとは言えないと思います。

まとめ

以上、バンタムMGL用のジュラルミンオフセットクラッチについてでした。

メタニウムMGL、19アンタレスと比べて、交換の効果が分かりやすいので、おすすめです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

メタニウムMGLや、’19アンタレスMGLについても、交換のメリットはあります!

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です