LIVRE[リブレ] Fino(フィーノ) ノブ インプレ。「べた付かない純正ノブ」として。

スポンサードリンク

LIVRE[リブレ]のFino(フィーノ)ノブのインプレです。

純正ノブのべた付きが気になってきたら、また純正を買いなおしますか?

おすすめは、純正に準じた形状の、LIVREのFinoノブです。

LIVRE[リブレ] Fino (フィーノ) ハンドルノブ インプレ

 

ジュラルミン削り出しのハンドルを多数リリースするカスタムパーツメーカーLIVRE(リブレ)のFino(フィーノ)

中空構造のチタン製ハンドルノブです。

 

自重は約8g。(ベアリング無しで計測)

 

参考までに、バンタムMGL純正ノブは約5.3g。(ベアリング無しで計測)

純正に準じた形状

 

純正に準じた形状が最大のメリットで、社外品パーツにありがちな違和感が本当に少ない。

例としてシマノ純正ノブとの比較。

 

厳密にいうとカーブの仕方など少し違いますが、両者フラットな平ノブという事で、握り心地に大きな差が出ません。

驚くほど吸い付く。

 

メーカー公式の説明で「吸い付きがすごい」とありますが、マジで吸い付く。

表面のカーブの付け方が絶妙ですね。

Magia(マージア)f(フォルテ)Fino+(フィーノプラス)と、LIVREの他のハンドルノブも試しましたが、グリップ力はこれが一番イイ。

硬くて指痛くない?

「かっこいいけど、金属ノブは硬くて指痛くならない?」と思いますよね。

これは誤解でした。

むしろ指へのアタリが均一化されることで疲れが減ります。

スリット加工で滑らない。

「金属ノブはつるんと滑りそう。」そんな疑問もありました。

でもブランキング加工で4つ穴が開いており、グリップ力をしっかり確保。

 

しかし、仮にブランキングが無かったとしてもさほど滑らないと思います。

鏡面バフ仕上げは、意外とグリップが良く、さらに指が水に濡れると、よりグリップ力が高まる印象です。

 

また、指に凸凹が伝わると思いきや、不思議と気になりません。

メガネをかけている事を忘れるような感覚です。

握り心地の良さは3本指に入る

いろんなノブを片っ端から試しましたが、握り心地は3本指に入ります。

ぶっちゃけ、「純正の方が良いじゃん。」みたいなハンドルノブも結構あるけど、コレは違いました。

ぬるぬるの回転レスポンス。

高い精度で製作されているため、ノブシャフトやノブベアリングとの摩耗抵抗がとても少ない。

ハンドルを傾けると、触っていないのにノブが回転する純正ではありえませんw

滑らかさが伝わるでしょうか。

感度No.1。

LIVRE公式ブログにて、感度はFino(フィーノ)がNo1との事でした。最も薄肉構造になっているためです。

高い耐久性

金属製のノブは耐久性が高く、ちょっと大げさですが、無くさない限り一生もの。

べた付くたびに純正ノブを交換するなら、金属ノブに交換することを強くお勧めします。

ウィークポイント

・数年愛用している友人のFinoノブに、細かい小傷が少し目立ちました。

・ソルト使用の場合、表面の穴に塩が噛みやすい事があるようです。淡水ONLYの場合、問題ありません。

・自重はシマノの場合、純正7g、Fino8gと少しだけ重くなります。

 

イチャモンレベルのウィークポイントはありますが、取るに足らない話です。

マメ知識。チタン製ノブのメリット

あとは冬に冷たい。。と思いきや、チタンは熱伝導率が低いので、ほかの金属よりも手から熱を奪いにくい。

つまり、冷たく感じにくいのです。(少しは冷たいですが。)

実釣での使用感

 

 

運よくデカバスと対峙することも出来ました。やはり社外品にありがちな違和感はなく、スッと馴染んでくれます。

派手な見た目とは裏腹に、むしろ黒子に徹して仕事してくれるハンドルノブです。

まとめ

以上、LIVRE[リブレ]のFino(フィーノ)でした。

違和感が極めて少なく、初めてのハンドルノブ交換にもおススメです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です