LIVRE[リブレ] Fino(フィーノ) ノブ インプレ。「べた付かない純正ノブ」として。

スポンサードリンク

LIVRE[リブレ]のFino(フィーノ)ノブのインプレです。

純正ノブのべた付きが気になってきたら、また純正を買いなおしますか?

おすすめは、純正に準じた形状の、LIVREのFinoノブです。

LIVRE[リブレ] Fino (フィーノ) ハンドルノブ インプレ

 

ジュラルミン削り出しのハンドルを多数リリースするカスタムパーツメーカーLIVRE(リブレ)のFino(フィーノ)

中空構造のチタン製ハンドルノブです。

 

自重は約8g。(ベアリング無しで計測)

 

参考までに、バンタムMGL純正ノブは約5.3g。(ベアリング無しで計測)

純正に準じた形状

 

純正に準じた形状が最大のメリットで、社外品パーツにありがちな違和感が本当に少ない。

例としてシマノ純正ノブとの比較。

 

厳密にいうとカーブの仕方など少し違いますが、両者フラットな平ノブという事で、握り心地に大きな差が出ません。

驚くほど吸い付く。

 

メーカー公式の説明で「吸い付きがすごい」とありますが、マジで吸い付く。

表面のカーブの付け方が絶妙ですね。

Magia(マージア)f(フォルテ)Fino+(フィーノプラス)と、LIVREの他のハンドルノブも試しましたが、グリップ力はこれが一番イイ。

硬くて指痛くない?

「かっこいいけど、金属ノブは硬くて指痛くならない?」と思いますよね。

これは誤解でした。

むしろ指へのアタリが均一化されることで疲れが減ります。

スリット加工で滑らない。

「金属ノブはつるんと滑りそう。」そんな疑問もありました。

でもブランキング加工で4つ穴が開いており、グリップ力をしっかり確保。

 

しかし、仮にブランキングが無かったとしてもさほど滑らないと思います。

鏡面バフ仕上げは、意外とグリップが良く、さらに指が水に濡れると、よりグリップ力が高まる印象です。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です