deps ケロムシ インプレ。ストロングスタイルなdeps異色の虫ワーム。

スポンサードリンク

depsのケロムシを試しました。

ストロングスタイルを中心とするdepsからリリースされた不思議ちゃん虫系ワームです。

浮力が絶妙な設定でした。

deps ケロムシ

特に新製品とかじゃないですが、前々から気になっていたdepsのケロムシを投げてきました。

スライドスイマーとかブルシューターとか、ストロングなビッグベイトが主力製品?なdeps製品の中では、異色の虫系ワーム!です。

しかもネーミングも見た目もめちゃくちゃかわいい。

カエルパターンに良さそう

「ケロ」+「ムシ」という事で、モチーフはカエルですよね。

カエルをデフォルメしたようなシルエットで、房総リザーバーにおけるカエルパターンにおいて活躍してくれそうです。

depsワームのマテリアル

あのdeps独特の酸っぱい匂いのするマテリアルそのものでした。

depsマテリアルで虫系ワーム作ったらこうなりました、という感じ。つまり、結構タフなマテリアルという事です。

 

エラストマー素材のように他のワームに触れないよう気を付けたり、そういう神経質なところがないのが嬉しい。

 

また、単体重量が3.6gとしっかりあって、非常に投げやすい。

(有名どころだと、青木虫1.8g、オリカネムシが2.8gです。)

浮力が絶妙

浮力が絶妙で、着水のときに少しだけ沈む感じでした。

そこからプカっと浮いてくる、この動きは独特で、かなり引き合いがありそうです。

ケロムシをテストした日は虫系の反応が悪い日で、残念ながらケロムシフィッシュを得ることが出来ませんでしたが、虫が効く日だったらすぐ釣れるでしょう。

壊れない

先述したように、シンプルな構造で壊れにくいですね。

大抵の虫系ワームは細かいレッグパーツが付いていて、千切れたりするものですが、ケロムシはその点心配無用です。

 

とはいえ、視覚的に「虫」である事をアピールする効果は弱いかも。

しかし細かいレッグパーツの視覚効果がどの程度有効なのか、というのは難しい問題で、もはや人間が釣られるためにある、という可能性も否定できないワケで。

目がイイ相模湖のバスなら効果的かもしれませんが、無いから釣れない、という事もないでしょう。

移動距離が少ない

4本の平らな逆向きのレッグパーツが良く水を噛むので、移動距離を抑えたアピールが可能です。

これはメーカーHPにも記載がある特徴ですが確かに他の虫ワームよりも移動しません。かなり抵抗感のあるレッグです。

スリット入り

裏面にはスリットが入っており、オフセットフックの使用が可能。

フッキング性能の向上が図られています。やや弾力の強めなdepsマテリアルですから、こういった意匠は効きそうです。

 

推奨は、#1or#2のオフセットフックということで、DECOY/デコイ エスエスフック ワーム19の#2を装着してみました。

浮力があまり強くないので、細軸のオフセットフックが良さそうです。

 

マス針よりもフッキングパワーが必要なので、PEタックル推奨です。

私はバンタム267MLのPEラインセッティングで投げました。オフセットフックでも気持ち良くバチっとフッキングが決まります。

まとめ

以上、depsケロムシのインプレでした。

近いうちにケロムシバス釣れると思うので、それを追記したいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

デプス ケロムシ deps KROMUSHI 08 ホワイトソリッド 5本入

デプス ケロムシ deps KROMUSHI 08 ホワイトソリッド 5本入

826円(08/17 20:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です