DRT バリアルハンドル87mm インプレ。タイトな巻き感とパワーを両立。

スポンサードリンク

DRT バリアルハンドル 87mm インプレ

DRT バリアルハンドル 87mm インプレ
 

DRTのバリアルハンドル 87mmのインプレです。

87mmのショートレングス

 

バリアルハンドルのラインナップは以下。

  • 87mm
  • 95mm
  • 100mm
  • 117mm

その中でも最短の87mmのモデルです。短いとはいえ、純正ハンドルと比較すればやや長めのレングスですね。

ディティール

横から

 

横から見た図。超々ジュラルミン製の肉厚なハンドルです。

カラーはブラックアルマイトですね。

切削加工

 

ハンドルの切削加工UPです。以前ご紹介した117mmとは対照的に、割と大胆な肉抜き加工が施されていますね。

とはいえ、ガッシリとした剛性感は確保されています。

また、写真ではなかなか伝わらないのが残念ですが、プレート表面には細かな凹凸が施されており高級感がありますね。

ハンドルプレート

DRT バリアルハンドル 87mm プレートの厚み
 

この角度から見ると、幅がかなり肉厚なことが分かります。 このハンドルならではのトルキーな感覚を生み出している理由がコレだと思います。

また、少なくともハンドル破損によるトラブルはほぼ起きないでしょう。

センターロックナット

DRT バリアルハンドル 87mm センターロックナット
 

センターロックナットは、付属のレンチで着脱します。LIVRE方式ですね。

※余談ですが、センターロックナットは別売りとなります。

この方式、通常のロックボルト+リテーナー+ビスという構造よりも部品点数が減ります。

そして、レンチでしっかりとトルクをかけれるので緩む心配がありません。個人的に、かなり好きな固定方法です。

ハンドル重量

 

ハンドル単体での自重です。シマノリールの純正ハンドルがノブ込みでだいたい30g〜40gぐらいに収っていますので、やや重量増です。

 

取り付け金具、センターロックナットを合わせると56g。重たいですが、巻きの安定感やパワーを求めた結果だと思います。

ハンドルやノブの自重によって慣性が高まるため、一定スピードで巻く作業をサポートしてくれる印象です。さらに巻き取りトルクも大幅にUP。

重いとダメ、というモノでも無いですよね。

ハンドルノブ

 

J-KNOB」と呼ばれるノブはSLIMタイプ。117mmはFATタイプで、ハンドル長さに合わせて最適なノブをチョイスしているようです。

ラバー素材で、触り心地はシマノの純正に近いです。

外側に向かってつけられたテーパーが、すっぽ抜けを防止。表面につけられた凹凸もグリップ力が上がります。

ハンドルノブキャップ

 

ノブキャップも、センターロックナットと同様にレンチで緩める仕組みです。

こちらもしっかりとトルクがかけれて、使用中の緩みなどが起こりにくいはずです。

ハンドルとノブのマッチング

 

ハンドル長とハンドルノブの大きさは非常に優れたマッチング

また、ノブは純正と変わり過ぎない大きさで、カスタムパーツ初心者にもおすすめできる感覚です。

基本構造や質感はLIVREハンドル

 

メガテックLIVRE社製ということで、基本的にはLIVREハンドル譲りの品質感。間違いない、ということです。

かなり高級感がありますし、所有欲を満たしてくれるハンドルに仕上がっています。

’16アンタレスDCに超マッチ。

 

’16アンタレスDCに超マッチしてくれる使用感でした。’16アンタレスDCは純正ハンドルが84mmと、ボディサイズを考慮するとやや短め。

そこに87mmのバリアルハンドルを装着すると、純正ハンドルのトルク不足を補ってくれます。また、+3mmという事で社外ハンドル交換時にありがちな違和感も無いですね。

‘16アンタレスDCの「パワーバーサタイル」な性格をそのまま継承しつつ、高品質なカスタムハンドルを楽しむことが可能でした。

スリーフィンガーでしっかり握り込める

 

親指、人差し指、中指を使ってしっかりと握りこむことが可能です。純正ノブにはない特徴ですね。

濡れるとグリップ力UP

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です