レジットデザイン WSS 61ULインプレ。「ウルトラライト」なのにトルキーでマルチな名竿。[房総ULバーサタイル]

スポンサードリンク

ついに私もレジッターデビューしました。レジットデザイン ワイルドサイド WSS 61ULのインプレです。

ある意味ULらしくないハリのある質感で、扱いやすいロッドに仕上がっていました。(2年ほど使い込みました。)

レジットデザイン ワイルドサイド [WILD SIDE] WSS 61UL インプレ

レジットデザインのWSS 61ULのレビューです。年1回訪れる野尻湖スモール用に買い足し、その後関東リザーバーで使用しています。

ショートレングスの59シリーズと迷いましたがスモール色が強すぎるので、亀山ダムなどの房総リザーバーでもガッツリ使える番手として61ULをチョイス。

こいつと共にワイルドサイドを歩んでいこうと思います(・∀・) 

※追記 使い込みました

 

2年ほど使い込んだので、ざっと感じていることをまとめます。

ULクラスでティップは非常に繊細なのですが、キロ近いバスでも全く問題なく寄せることが出来るトルクを持ち合わせています。写真は津久井湖で釣れた40センチ、950gのバス。HITルアーはDSTYLE レゼルブ。ロッド全体が良く曲がることで首振りをいなしてくれて、驚くほど力強くファイトすることが出来ました。

もちろん流石にラクラク、とはいかないですがULクラスと言うことを考慮すると非常に粘り強いです。

 

こちらは相模湖での40cm、1080gのバス。HITルアーはゲーリーヤマモトレッグワーム2.5インチDS。かなり良く引く健康的な個体でしたが、突っ込んだ時に綺麗に追従してくれるためラインブレイクを防ぐと共に、じわじわと疲れさせることが出来ます。

 

また、ダウンショットやノーシンカー専用のロッド?と思いきや、5gくらいまでの小型ハードベイトの釣りまで幅広くカバー出来ます。

ハードベイトはあまり動かし過ぎない方が良いアクションが出るルアーに使っています。例えばDSTYLEのレゼルブや、ティムコのトラファルガー7などです。61ULの持つ竿先の柔軟性を生かして、繊細な微シェイクでアクションをつけると艶かしい動きが出ます。これはLクラス以上の硬いロッドでは出せないアクションです。

その他、流行のミドストもリグを手前に引っ張り過ぎることなく繊細にアクションを付けれるため、高度にこなします。

 

房総リザーバーに通うアングラーであれば間違いのない1本に仕上がっています。購入を迷われている場合、買って損のない一本に仕上がっていると感じますね。

ディープのダウンショットゲームに最高

 

かなり「ライトバーサタイル」に使えますが、もっとも得意とするシチュエーションは冬場のディープダウンショットですね。

軽量で、かつマイクロガイドセッティングのため感度が良く最高の相性を見せます。繊細な冬場のショートバイトを感じ取ることが出来ました。

ソリッドティップと迷ったけど決め手は?

同番手でソリッドティップ仕様のWSS ST-61ULとも非常に迷いました。

有識者の方にアドバイスをいただき、「ダウンショットリグ等でボトムを流すとき引っ掛かりをプンっと外すのにソリッドティップだとややダルで、操作性の高い非ソリッドがおススメ。」という事でしたので、WSS 61ULの方にしてみました。

直接比較したわけではないので確かな事は言えないのですが、ティップはULクラスなりの柔らかさがありつつ適度にシャキッとしている印象で、確かに引っ掛かりの処理がラクだと感じました。とはいえ、動かし過ぎてしまうほど硬くはないので、ある程度「引っ掛かりを残す」ことも可能で、その辺りは絶妙な塩梅です。

あとはソリッドティップのエクスプライドをすでに持っているという事も理由の一つです。

リール

 

リールは、シマノ ’16 ヴァンキッシュC2500 HGSを合わせました。

 

または、’19ヴァンキッシュC2000SSSを合わせています。2.5lb〜4lbクラスの細糸をセッティングすることが多いため、ドラグ性能に優れたリールを合わせています。

大きさは、シマノでいえば2500番ボディよりも2000番ボディがマッチングしますね。ガイドセッティングがバッドガイドを含めかなり小さめなので、スプール径の小さいリールが合います。2500番台ですと、ラインがバッドガイドを叩いて飛距離が落ちてしまうためです。

コスメ

基本的には黒ベースで、コーポレートカラーである紫をアクセントにしているデザインです。好みが分かれるところではありますが、個人的には嫌いじゃないです。

リールシートのロック部分にはカーボンがあしらわれていたりして、所有欲を満たしてくれます。各部品からは上質感のようなものも感じられ、価格相応の高級感があると思います。 

コルクの質

 

コルクの質もイイ感じです。サラサラとした感触が味わえますし、目の詰まった上質なコルクを使っています。

ミドルクラスな価格帯なので、当然といえばそうなのですが。

ハリのあるUL

 

表記はULですが、ULのロッドにありがちな頼りなさ、ベニョベニョ感が少ないのが特徴だと感じます。

しなやかなんだけどブレない、とでも言いましょうか。文章で表現するのが難しいですが…決して硬めという訳ではないのに、割とシャキッとしてます。

ここがWSS 61UL最大のウリだと思います。

しっかりのせる

先述したように、ULにしては芯のあるフィーリング。しかしキャスト時は、ULらしくしなやかにふるまってくれます。

軽量なルアーでもしっかりと重さをロッドに載せて投げれる。ブレも少ないため、スウィートなキャストフィールです。

重量バランスが良く振りぬきやすい

 

WSS 61ULのみならず、友人のワイルドサイドの他の番手もいくつか触らせてもらった感じだと、ワイルドサイドシリーズはただ軽いだけじゃなくて、実際に持った時の「持ち重り感」が非常に少ないように感じます。

重量バランスがイイんでしょうね。その為キャスト時の降りぬきがとてもスムーズ。少しキャストが上手になったかのような錯覚を与えてくれます。

ライトリグがとても捗る

 

まあ当然ながら、ダウンショット、ワッキー、ノーシンカー等のライトリグがとても捗る一本です。

ULながら操作性にダルな感じがないし、ボトムの障害物をプンと外す際も弱すぎない。でも喰わせの違和感軽減はちゃんとしてくれそうな、欲張りな一本です。

アラミドの粘りとか、ファイト時のトルクは?

アラミド繊維入りのカーボンシートを採用したブランクスがワイルドサイドシリーズの最大の特徴ですよね!

アラミドの粘りやべえ、ってすごく陳腐な感じにはなってしまいますが、何度もお伝えしているようにULなのにトルキーなのはアラミドの恩恵、だと思っています。

アップロック方式

リールシートは、いわゆるアップロック方式を採用。下側のカーボンがあしらわれたパーツを上方向へねじ込むことでリールを保持。いつも使っているエクスプライドシリーズとは逆の方式です。そのため、もしかしたらグリップしたときに違和感が生じるかな?と思っていました。

一番の懸念は下側のコルクが無いので、カーボンの部分が親指の肉に当たって痛くなるかも?という点です。

しかし、むしろこのカーボンの部分が「下側のグリップ」として機能して、つるっとした感じの表面はスベスベとして案外心地よく、単なる杞憂に終わりました。

ちゃんと考えられた形状です。

絶妙な価格帯

ワイルドサイドシリーズ全般に言えることですが、高すぎない価格設定が好印象です。

リーマンアングラーがちょっと無理をすれば購入できる絶妙な価格帯。

それでいて、エクスプライドやゾディアス等のいつものエコノミーロッドたちに比べ、コスメや使用感もワンランク上な感じがちゃんと合って、価格に見合う感じがします。

欠点

ガイドがめっちゃくちゃ小さいマイクロガイド仕様なので、リールを選ぶという事でしょうか。シマノなら2500番は明らかに不適合。

C2500や2000番台のリールを合わせないと、バッドガイドとの相性が悪く飛距離が落ちてしまいます。ULクラスのロッドはたいていそんなものだ、と言われればそうなんですが…

左) エクスプライド263L-S 右) レジットデザインWSS 61UL

左) エクスプライド263L-S 右) レジットデザインWSS 61UL

 

参考までに、エクスプライド263L-Sとのガイドの大きさの比較。やはりかなり小さめなガイドセッティングなのが見て取れます。

まとめ

 

WSS 61UL、ULながらシャキッとした素敵フィーリングなスピニングロッドです。

ULクラスのロッド何にしようかな?と思ってご検討されている場合、かなりオススメの機種ですね。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です