真冬のバス釣り大会どうよ?ブラックカップ@片倉ダム参戦記。

スポンサードリンク

ブラックカップ@片倉ダム参戦

フィッシングガレージブラック、高山陽太郎氏主催のブラックカップ@片倉ダムに参戦してきました。

真冬のバス釣り大会…ということでドM感溢れる感じですが、バスアングラーの心は冬でも熱い!ということで41名もの参加者が集結。

FMStayGold Kazさんにお誘い

 

今回、FMStayGold Kazさんにお誘い頂き参加させていただきました。

以前ブロガー飲み会の際に「トーナメントに出てみたいけど、開催情報をどこで得ていますか?」というお話をしていたのです。

優しいKazさんはブラックカップにエントリーする際に私にも声を掛けてくださいました。多謝。

ディープのライトリグ優勢

 

試合のリザルトは、41名中13名がウェイン。厳冬期に関わらず皆さん釣ってこられてすごいです。

私は200g25cmの1本で10位でした。初バスということでチビだけど特別な1匹になりました。

釣れたとこ

200gの子バスちゃんで語るのは大変心苦しいですが、念の為釣れた状況や場所などをお話しておきます。

釣れたのは本湖ダムサイト周辺の9m〜10mフラット。

 

リバーチャネルを挟んで2箇所フラットエリアがあるのですが、片側はハードボトムで比較的何もないフラット。もう片方は9m〜10mレンジにウィードや沈み木が絡むフラット。

私は後者で釣れました。

 

ハードボトムをドラッギングで流すだけだとあまり反応がなかったため、あえて流しにくいウィードエリアをやってみることに。

魚探を見てみるとウィードの中に魚が映る感じがしたので…するとウィードに引っかかってほぐした後にバイトがありました。

 

フラットにも魚は居るのだろうと思いますが、何かキッカケがないと喰わないような感じがしました。

 

2発バイトがあったのに2発目はブレイク…

というわけで、ダムサイト周辺の10mディープフラットにかなりの数の魚が溜まっている感じです。しかし居るけどなかなか喰わないのですが。

 

※念の為シャローも調査したけど全く生命感が無かったです(笑)

狙いは合っていた?カモ

 

釣りバト.com kaneckさんがおもむろに登場し、ライブスコープでその周辺を見ると、「ボトムにめっちゃバスいる。ウィードに2匹戯れながら突っ込んでいったよ。」

 

ということでワタクシが2次元魚探で見ていた過去の画像の解析はおおよそ間違っていなかったということが分かりました。

(トーナメントなのにがっつり情報交換して、ユルイ感じですいません)

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です