O.S.Pタイフーン 1oz インプレ。元祖デカブレードスピナーベイト。

スポンサードリンク

元祖デカブレードなスピナーベイト、O.S.Pのタイフーンを試してみました。

見た目とは裏腹のさらっとした巻き心地で、ベイトフィッシュの群れに付いたバスを狙い撃ちできそうです。

O.S.Pタイフーン 1oz

 

巨大なブレードを搭載したスピナーベイト、O.S.Pのタイフーンのインプレです。

ラインナップは、

O.S.P タイフーン ラインナップ

・リアブレードが#10 1oz(DW・TW)

・リアブレードが#7 3/4oz(DW・TW)

・リアブレードが#7 1oz(TWのみ)のタイフーンロングキャスト

私が購入したのは1ozのタンデムウィロータイプです(・∀・)

 

表記では1oz(約28g)ですが、ご存知の通り、スピナーベイトのウェイト表記はヘッド部分の重さとなっているため、実測では40gあります。

#10のどでかいブレードが最大の特徴で、ブレードだけで約11gほどあります。

O.S.P ハイピッチャーMAXとの比較

 

ハイピッチャーMAXと比べてみました。

規格外のドデカサイズ、という感じではないことが分かります。

驚くほどさらっとした巻き心地。

とりあえず投げて巻いてみた感じは、巨大なブレードから想像するより、はるかに巻き抵抗が少ない。

もちろん、普通サイズのスピナーベイトと同様に、というわけではないですが、一日巻き切ったとしても手首を壊すことはなさそう

そのインパクト大な見た目とは裏腹に、非常に扱いやすい印象を受けました。

秋はベイトフィッシュが大型化する

秋は、春に生まれたベイトフィッシュが育ち大型化するので、タイフーンの巨大なブレードがマッチザベイト、的な効能を生み出してくれます。

(と、並木さんがYouTubeで解説していましたw)

秋の巻き物シーズンにぴったりな存在となっています。

この大きさはひよる。でも群れに見えるかも?

 

正直、このブレードの大きさはひよります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です