バサーオールスタークラシック2018訪問記。低予算で楽しむバサクラ。

スポンサードリンク

ELECTRICブース

 

去年と違ったところといえば、ELECTRICさんのブースが増えていた事です。

スノーボードのゴーグル等を扱う米国のブランドですが、バス釣り業界への裾野を広げている最中という事でBasser誌とのコラボでアパレルも販売しておりました。

 

写真はBasser誌のブース(釣り人道具店)で販売中のELECTRIC&BasserコラボのロンT。釣り関係のアパレルにありがちな野暮ったさ?は無く、カッコイイですよね(*’▽’)

(なお、こちらは会場限定ではなく釣り人道具店でも常時販売されております。)

非常にありがたい事にサンプルを頂いたので、これは別記事でご紹介させていただければと思います。

 

FISHARROWブースのGルーミス投げ売り

Twitterでもアメロファンの方々がざわざわされておりましたが、FISHARROWさんのブースでGルーミスの型落ちモデルが1万円&2万円ポッキリというのがありまして震えました。

NRX&GLXが2万円、その他E6、CBR、G2などが1万円という超目玉プライス。

 

E6が気になってFISHARROWさんのブースにベタ粘りしてしまいました..

ただ、E6はあくまでJW(ジグ&ワーム)系の番手がメインという事もあり、本当に欲しい番手ではなかったため、超絶悩んだ末に購入には至りませんでした。

 

他にもNRXは超強いスピニングロッドだったり、他シリーズは7.5ftを超えるような番手もあったりやや癖のある番手。

でも今思えば、お試しでも購入する価値があったかもです。なんたって一万円ですから…若干後悔。

(来年もあるかは微妙ですが、そういった超目玉物販があるよ、という事で。)

 

ハーツマリンさんの中古魚探

その他ハーツマリンさんの中古魚探も信じられないぐらいお得なバサクラ価格でした。

バサクラ価格の投げ売り製品、タイミングが合えば超お買い得であるのは間違いないです。

そういうのを見るだけでも行く価値がある感じ。

残念ながら私個人はタイミングの合う特化製品が無かったため、何も購入せずに終わりましたが。

シマノ試投ブースのグラップラー300がハンパない

 

余談ですが、シマノ試投ブースにあったグラップラー300×バンタム180XXH-HB(バンタム最強ロッド)が超カッコ良かったです。

ぶっ飛んだ番手ですよね~。とても同じ魚を釣るタックルに思えませんでしたw

グラップラー300(ソルトウォーターのジギング等用リール)というのもいぶし銀の組み合わせです。奥田学氏がBTフォースのダブルアタックリグを投げる際のタックルだそうです。

(シマノ試投も無料で楽しめるコンテンツ、という事で。)

 

カケヅカ氏&ナマロー氏にも遭遇

カケヅカデザインワークス、カケヅカ氏と、ナマローブログのナマロー氏にもアポなし遭遇w

 

カケヅカさんのバンタムMGLオフセットクラッチを触らせて頂きました。

カチッとした剛性感を得られるオフセットクラッチは要注目です。年内販売を目途に制作中という事で、楽しみですね(‘ω’)

バンタムMGL買わなきゃw

恒例の霞おかっぱり

 

バサクラ訪問ついでに霞おかっぱりもチャレンジしましたが無でしたwまあいつもの事ですが。

まとめ

以上バサーオールスタークラシック2018訪問記でした。

毎年恒例ですが、しょうもないお買い物日記で失礼しましたw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

リールカスタム情報まとめ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


twenty − 8 =