DRT クラッシュジョーカー インプレ。逆張りのジャラジャラサウンドがハイセンス。

スポンサードリンク

MAX級のウェイクベイト、DRTクラッシュジョーカーのインプレです。

時代に逆行する!?小さいラトルボールのジャラジャラ音。

ノイジー一辺倒かと思いきや、心地よいサウンドを奏でるすごいヤツでした。

DRT クラッシュジョーカー

 

さて、バサーオールスタークラシック2018も終わり、平常運転に戻ります。

また日々ネタ切れとの戦いです…

例によって「あまり使い込んでないインプレ」で恐縮ですが、DRTのウェイクベイト、クラッシュジョーカーが気になったので投げてみました。

SPEC

Weight  3oz Class 
Length   8.2inch(約21センチ)
Color   DRT BASS
Price   7,020円(税込)

カラーはDRT BASS、という事でちょっとイマカツのリアルプリントを彷彿とさせる?カラーです。

これもタイニークラッシュと同様、流通量が極めて少ない…ブンブンに在庫があったので、無くなる前に購入してみました。

レアだから欲しいという動機が半分、超人気ルアーは一体どういうもんなんだろう、という興味が半分です。

‘16 アンタレスDCで投げています

 

3oz Classの大きなルアーなので、大型ルアーのキャストアキュラシーに優れた’16アンタレスDCで投げています。

アンタレスDCは37mm径の大型スプールを採用しているので、ややゆったりとしたスプールの回り出し。大きなルアーを大きなキャストフォームで投げた時に感覚がマッチします。

また、ガチガチのボディ剛性感があるのでリトリーブ中に力負けしませんし、大柄なボディサイズも相性ヨシ。

もちろんバンタムMGLでも十分キャスト可能なのですが、やはり絶大な安定感を得られるのは’16アンタレスDCですね。

とにかく太い。

 

最大の特徴は、異様なほどに厚みのあるボディ。ものすごい横幅です。

間違いなく、これまで触れ合ってきたルアーの中で1位2位を争うレベル。

デカバスへの訴求力や、遠くからでも気が付かせる存在感については他を圧倒する…はずです。

Vテール

 

ちょっと長めでツンと上を向いた意匠が面白い、通称Vテール。かなり柔らか目なマテリアル。

また、タイニークラッシュのテールと互換性があり、付け替えでちゃんと性格が変わります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です