大森貴洋氏のLC1.5 DRS[ディープラトルサウンド]ってシブいな。…LCだよね?RTOなのか?

スポンサードリンク

胸熱なB.A.S.S.エリート優勝劇を見せてくれた、大森貴洋氏が使っていたLC1.5 DRS[ディープラトルサウンド]。

ワンノッカーゴトゴト系のいぶし銀のチョイスです。

ただ微妙に疑問があって、LC1.5 DRSなのか、RTO1.5 DRSなのかはっきりしないんですよね。

どっちなのか考察してみます。

LC1.5DRSなの?RTO1.5DRSなの?

T.Oが使っていたのはLC1.5DRSなのか、RTO1.5DRS結局どっちなんだYO!ってとこが非常に気になりました。

スイマセン、結論から言うと現時点では分からないっすw

 

アマケンさんのtwitterでは「RTO1.5DRS」になっています。

 

#BassmasterElite #LakeMartin #Alabama #Victory #LCCrank #1.5Silent #1.5DRS #1.5DD

LuckyCraft USAさん(@luckycraftusa)がシェアした投稿 –

しかしLuckyCraftUSAのインスタでは’LCCrank’となっています。

そしてバスマスターのフォトをよーく見ると、フロントが「横アイ」になっている!

 

縦アイじゃなかったっけ?

エッ?横アイ?…私の持っているRTOとLC、両方とも縦アイなので、謎が深まります。(写真はLC1.5)

 

 

しかし実はLCの派生モデル、’LC1.5スピン’は横アイなので、もしかするとモデルイヤーによってLCシリーズは横アイのモノが存在するのかも

ってことはやっぱりT.OのクランクベイトはLCなのか?

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です