秋の将監川&長門川バス釣り。スピナベとクランクで40UPゲット。

スポンサードリンク

初の将監川、長門川バス釣りに行ってきました。

スピナベとクランクの巻き展開で2本でした。

秋の将監川&長門川 バス釣り

 

フィールドコンディション

2019年10月5日(土)

天気:晴れ

気温:32度

水温:25度〜28度

お初の将監(しょうげん)川、長門(ながと)川に行ってきました。

利根川水系のリバーで、「マッディシャロー沼」的なフィールドです。

利根川と切り離されて湖沼になった

 

元々は利根川と長門川に繋がっており、枝利根川と呼ばれていたのですが、利根川と分断され、今の感じになったそうです。

初めて行ったので、いわゆる相対的濁度がどのくらいなのか分かりかねますが、かなりきつい濁りが入った水質と、最深部でも2mあるかないか、という水深が特徴です。

利根川が潮汐によって水位が変化するタイダルリバーでして、繋がってる長門川と将監川も潮位の影響を受けます。

普段リザーバーメインなので、全く未知数なフィールドですが、チャレンジしてきました。

「長門川マリーナ」さんのレンタルボートを利用

 

ルアマガプラスの記事で紹介されていた、北総マリンさんが運営する「長門川マリーナ」を利用してきました。

 

初訪問ですと、場所がかなり分かりにくいのですが、この「カヌー乗り場」という看板が目印。

Googlemapで、「長門川マリーナ」と入力するとたどり着けます。

将監川、長門川の合流地点に位置し、どちらにもアクセス出来るナイスロケーションです。

 

料金の支払いはセルフサービス。

 

クラブハウス内に封筒が用意されており、氏名や車のナンバーを記載し、料金を入れて投函します。

レンタルボートは2000円、スロープの利用は1000円と、非常にリーズナブル。

綺麗なトイレとシャワーも用意されており、快適です。

利用時間は、日の出から日没までというラフな感じ。

ボートの種類

 

12ftレンタルボートはこんな感じ。デッキ付きのものと、デッキなしのものが用意されています。

リアにラダー用の木も装着されておりました。

14ftもあるのですが、数台しかなく、もし借りたければ早朝に行く必要がありそう。

釣果

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です