レアリス ノマセギル ウエイト&ノンウェイト。独創的なギル型ソフトバイブレーション。

スポンサードリンク

がちのライバル関係な気がします。

続いてノンウェイトタイプ

 

続いて、ノンウェイトタイプを試してみました。

こちらはフックは付属しませんので、ウェイトタイプに付属するフックをそのまま使ってみました。

両者に互換性なし

ちなみに、ウェイトタイプとノンウェイトタイプには互換性はありません。

同じ名前、形状で売っていますが、基本的に別物と考えて良いと思います。

ウェイトタイプは中空構造で中にウェイトが仕込まれていますが、ノンウェイトは完全に身が詰まった形状になっています。

もしかしてウェイト移植出来たりするのかな、と思っていたのですが、別物でした。

基本は虫系。

ノンウェイトタイプは、基本的には虫系ワームだと思って良いです。

もちろん、ダウンショットリグやジグヘッドリグで沈ませて使うことも出来ます。

だけど両サイドをひらひらさせて水押し強い

普通の虫系ワームにない特徴として、ギル型の扁平ボディを生かした動きがありました。

チョンチョンとシェイクすると、A面、B面と左右の面が交互に、水面をはたくようにひらひらします。

普通の虫ワームにはない波動を演出することが出来ました。

まとめ

 

以上、レアリス ノマセギル ウエイト&ノンウェイトでした。

個人的にはウェイト入りのソフトバイブレーションがお気に入りです。

バスは、ブルーギルのことが本気で好きなので、ブルーギルが多く生息しているフィールドでは強い武器になってくれそうです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です