エリアトラウトをやると バス釣りが上手くなる話。

スポンサードリンク

いよいよ低水温期の難しいシーズンを迎えたバスフィッシング。

冬のバス釣りも楽しいけど、非常に難易度が高いのもまた事実です。

そこで、たまには趣向を変えエリアトラウトに挑戦してみてはいかがでしょうか。

バスフィッシングはエリアを絞り込んで魚を探し出すゲームですが、エリアトラウトはいかに喰わせるかを模索するゲームです。

似て非なる2つの釣りですが、学ぶことも多い、そんなエリアトラウトのススメをシェアします。

エリアトラウトのスタイル

エリアトラウトの世界は、狙い方や道具に応じて、いろいろなスタイルが存在します。

まだまだ、私の知らないエリアトラウトのスタイルも存在するはずですが、代表的なものをご紹介します。

村田基氏 大物狙いのメソッド

村田基

 

出典:釣りビジョン

ジム(村田基氏)が、釣りビジョンの人気エリアフィッシング番組、エリアトラベラーズで提唱する、大物狙いのメソッド。

2500番台のリールを使用し、スプーンは4~5gぐらいのエリアトラウト用としては大きめのスプーンを使用し、大物を狙って獲るスタイル。

トーナメントスタイル

定められた時間内に、正統派のスプーンやクランクベイトによる総匹数を競い合う、競技思考のスタイル。

釣りビジョン主宰の、トラウトキング選手権などが有名ですね。

 

「縦釣り」

ペレット型スプーン

ペレット型スプーン

 

はたまた「縦釣り」と呼ばれる、Neo氏提唱の、ペレットを模したマイクロスプーンによる、フォールアクションを主体としたフロントフックスタイルでの数釣り。

特殊ルアー

ZactCraft セニョールトルネード

ZactCraft セニョールトルネード

 

さらにフェザージグや、セニョールトルネードなどといった特殊ルアーを使用してみたり。

一口に管理釣り場といっても、いろいろなスタイルが存在します。

※セニョールトルネード、スプーンにスレた鱒に使ってみてください。

めちゃくちゃバイト多くてびっくりします。

女性や子供に釣ってもらうには、フェザージグやセニョールトルネード、強くオススメします。

超オススメフェザージグ「鱒ノ華」

 

私のスタイル

私は、ミーハーなので、いろんな釣り方を少しづつかじってみたりして、自分のスタイルを確立できていませんw

エリアトラウトでは、「ワレット」と呼ばれるケースにスプーンを収納します。

以下、私のワレットの中身の一部。

ペレット型スプーン

ペレット型スプーン

 

エリアトラウト スプーン

 

(ワレットは、ダイワのプレッソのモノが丈夫でオススメ。少し高めですが、防水性が高く、スプーンをサビから守ってくれます。)

沢山釣れてる縦釣りの人を見ると、縦釣りをやりたくなり。

大物を釣っているのを見ると、大物を釣りたくなって大きめのスプーンを、遠投してみたり。

まあ自分のスタイルを決めつけないで楽しむのもまた一興です。

 

アルビノや大型魚との出会い

アルビノ種

アルビノ種

 

自然界ではめったに出会うことの出来ない、アルビノ種や、大型のトラウトなどが釣れてくれるのが楽しいです。

バスのアルビノ、釣れることってあるんでしょうか。

また、私は釣れたことはないですが、エリアによっては、幻の大型魚、「イトウ」が放流されていたりと、さまざまな魚種を楽しめるのもポイントです。

カウンター

カウンター

 

 

100均で、カウンターを購入していくと楽しいです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です