[エリア釣行記]足柄キャスティングエリア。足柄の自然を堪能出来る管理釣り場。

スポンサードリンク

足柄キャスティングエリア 訪問レポート

足柄キャスティングエリアとは

足柄キャスティングエリア 訪問レポート
 

少し前に訪れた、足柄キャスティングエリアの訪問レポートです。訪問日は2020年11月17日(火)。

施設情報などはTSURIHACK記事の方でまとめておりますので、そちらをご覧ください。

こちらでは当日試した釣り方などをメインにお伝えしていきます。

足柄キャスティングエリア ポンド
 

こんな感じのポンドタイプの釣り場ですね。初場所ということで、ワクワク。

GVBで突入!

足柄キャスティングエリア GVBで訪問
 

お友達(NoRi/ImpCats@GVB)のGVBで行きました。車高調入っており車高が低いですが、フロントスポイラーを擦らなかったです。

足柄キャスティングエリアの駐車場は砂利道ですが、きっちり整地されているのでした。

足柄キャスティングエリアでのタックルセッティング

エステルラインお試し

足柄キャスティングエリア エステルライン
 

この日はまず初導入のエステルラインをチェック。

VARIVAS エリアマスターリミテッド スーパーエステル 0.5号(2.3lb)
 

タックルセッティング

メインライン:VARIVAS エリアマスターリミテッド スーパーエステル 0.5号(2.3lb)

リーダー:シーガーグランドマックス0.8号(3lb)

リール:’19ヴァンキッシュC2000SSS + 夢屋カスタムスプール1000N2010

ロッド:ダイワ プレッソ 51XUL

こんな感じのセッティング。ロッドは古いプレッソですね。プレッソといえばAGSガイドが代名詞ですが、私のはスタンダードなプレッソなので非AGSのやつです。

ロッドとリールはメーカーミックス(爆)。

足柄キャスティングエリア エステルライン
 

エステルライン、バチバチに飛距離が出ます。そしてPEに勝るとも劣らない感度の良さ。

リーダーを結束しなくてはいけないのでその点は少し面倒ではありますが、これは武器になるなあ。と思った次第です。

※とはいえ、リーダーの結束は簡単にできる「3.5ノット」で運用していますので数十秒で完了します。

ロデオクラフト ツーナイン ファインの入魂

ロデオクラフト ツーナインファイン
 
ロデオクラフト 99ファイン 60ULF #グリーン

ロデオクラフト 99ファイン 60ULF #グリーン

18,300円(09/19 19:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

この日のために購入したロデオクラフト ツーナインファイン60ULF 1091ブラックの入魂もしました。

ロデオクラフト ツーナインファイン
 

THE・スタンダードなエリアトラウト用ロッドという感じで、汎用性の高い仕上がりです。あと、ステラはやっぱり気持ちいい。

足柄キャスティングエリアの釣り方

ボトムにお魚溜まってます

足柄キャスティングエリア ボトム
 

足柄キャスティングエリアの攻略方法なんかをちょびっとだけ。

ボトムにお魚が溜まっているような印象で、スプーンをしっかり着底させ、その後巻き始めることでバイトを多く得ることが出来ました。

巻きスピードは一定でOK。一定レンジを引くというより、手前に引くにつれて上昇するような軌道がこの日は効きました。

状況は日替わりですし、なんら参考にならないとは思いますが。

フォレスト チェイサー 1.2g

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です