ノリーズ エスケープリトルツイン。 秘密は前方重心。 亀山バスのエサ。

スポンサードリンク

仮に亀山ダムを水抜きして、湖底調査をしたら、最も多く出土するであろうワーム!?ノリーズ エスケープツイン。

まさに亀山バスのエサ。殿堂入りクロー系ワームです。

そんなエスケープツインの弟分、エスケープリトルツインを入手しました。

兄貴分よりも喰わせに特化した、エスケープ「リトル」ツインの秘密は、前方重心にありました。

その秘密をシェアします。

 

nories [ESCAPE LITTLE TWIN]エスケープリトルツイン

nories エスケープリトルツイン

nories エスケープリトルツイン

 

SPEC

length 4in/98mm
入り数 5pc
price 710円(税抜き)

nories プロスタッフ伊藤巧氏の活躍によって、昔から存在するワームであるにも関わらず、どこの釣具屋に行っても品薄状態で、店頭での販売が少ないエスケープリトルツイン。

まあネットで買えば普通に買えるのですが、たまたま訪れた釣具屋で入荷していたので購入してみました。

手元にエスケープツインがあったので、比較してみました。その水噛みの良さ、アクションの良さの秘密を探ります。

エスケープツインとの違い

ディティール

nories (左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン

nories (左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン

 

手持ちの「エスケープ ツイン」と比較してみました。

全体の長さは、105mmと98mm。

ハサミの大きさが、リトル。
ノーマルと比較して、肉厚さはそのままに、4分の3程度の長さになっています。

 

(左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン 

(左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン

 

あとは後ろ足の数が違います。無印は2本、リトルは4本。

ボディの大きさはほぼ互角。

マテリアル

マテリアルはほぼ同じテイスト。

硬さ、ヌルヌル感、針持ちはほぼ互角。

フォーミュラがたっぷり配合されているのか、エビっぽい匂いがします。

そしてこれでもかというぐらい、ヌルヌル、テカテカ。

 

どうしてリトルは「喰わせ」要素が強いのか

nories (左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン

nories (左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン

 

ノーマルと比較すると、リトルはより水を掴んで、上下にくねくねと動き、喰わせ要素が強いアクションです。その「喰わせ」アクションを効果的に発揮してくれる理由がありました。

小さく、長く

まず一つ目は、「小さいシルエット」を長く見せる事が可能であるということ。

ハサミが小さい分、フォールスピードは速くなっていると思いきや、4本有る逆付けの後ろ足の抵抗により、フォールスピードはノーマルとほぼ互角。

つまり、小さいシルエットを、ノーマルと同じ時間、魅せることが出来るのです。

重心の位置

リトルはハサミが小さく、後ろ足が2本増えています。

つまり、アングラーから見て、ノーマルと比較してより前方重心になっていると言えます。
(アングラー側に重心が寄っている、ということです)

リーダレスダウンショット(ジカリグ)や、ビフテキリグで使用すると、中層シェイクや、ボトムでワームが横向きになります。

そのときに、前方重心、つまり前後のバランスが前よりになっているリトルは、水平姿勢が保ちやすいのです。

そして前後の重心バランスが、均等に配分されていることにより、ボディ前後の上下のクネクネアクションが、ノーマルよりも出やすくなっています。

マテリアルやボディサイズが互角の両者、そんなところに使い分けのヒントが隠されているのではないでしょうか。

ノーマルはテキサスで。

ノーマルサイズは、大きな爪が最大の特徴。

後方に重心をとったシルエットで、それを大きく振り回すことで強力な水押しを発生させます。

テキサスリグなどで「ブルン」と重たい爪を震わせる動きを出せれば、良い部分が発揮されるのではないでしょうか。

まとめ

単純なサイズ違いでなく、重心やアクションに違いをもたせたエスケープリトルツイン。

エスケープツインのテキサスリグで食わせきれない時、使い分けて見てはいかがでしょうか。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です