ノリーズ エスケープリトルツイン。 秘密は前方重心。 亀山バスのエサ。

スポンサードリンク

仮に亀山ダムを水抜きして、湖底調査をしたら、最も多く出土するであろうワーム!?ノリーズ エスケープツイン。

まさに亀山バスのエサ。殿堂入りクロー系ワームです。

そんなエスケープツインの弟分、エスケープリトルツインを入手しました。

兄貴分よりも喰わせに特化した、エスケープ「リトル」ツインの秘密は、前方重心にありました。

その秘密をシェアします。

 

nories [ESCAPE LITTLE TWIN]エスケープリトルツイン

nories エスケープリトルツイン

nories エスケープリトルツイン

 

SPEC

length 4in/98mm
入り数 5pc
price 710円(税抜き)

nories プロスタッフ伊藤巧氏の活躍によって、昔から存在するワームであるにも関わらず、どこの釣具屋に行っても品薄状態で、店頭での販売が少ないエスケープリトルツイン。

まあネットで買えば普通に買えるのですが、たまたま訪れた釣具屋で入荷していたので購入してみました。

手元にエスケープツインがあったので、比較してみました。その水噛みの良さ、アクションの良さの秘密を探ります。

エスケープツインとの違い

ディティール

nories (左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン

nories (左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン

 

手持ちの「エスケープ ツイン」と比較してみました。

全体の長さは、105mmと98mm。

ハサミの大きさが、リトル。
ノーマルと比較して、肉厚さはそのままに、4分の3程度の長さになっています。

 

(左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン 

(左)エスケープリトルツイン (右)エスケープツイン

 

あとは後ろ足の数が違います。無印は2本、リトルは4本。

ボディの大きさはほぼ互角。

マテリアル

マテリアルはほぼ同じテイスト。

硬さ、ヌルヌル感、針持ちはほぼ互角。

フォーミュラがたっぷり配合されているのか、エビっぽい匂いがします。

そしてこれでもかというぐらい、ヌルヌル、テカテカ。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です