ブーヤー スクイールチャーが結構イマドキバズベイト。

スポンサードリンク

ヒロ内藤が長年温め続けたという、ブーヤー スクイールチャー。

ブーヤー社からリリースという事で、良くも悪くもアメリカンルアー的な風情と思いきや…

極めて現代的なバズベイトに仕上がっていました。

 

ブーヤー スクイールチャー

 

今回ご紹介するのは、ブーヤー スクイールチャーというバズベイト。

ヒロ内藤に、明らかに釣れ方が違う。と言わしめた、伝説のバズベイト、エクスキャリバー・プロバズ。

それを目指して開発されたというブーヤー スクイールチャー。なんでも、20年温め続けたとのこと。ちょっと温めすぎなんじゃ!?と思わなくもないですが…w 

ストーリーからしてそそられまくりなバズベイトです。

 

むしろ伝説の「エクスキャリバー・プロバズ」を使ってみたいw

でも、仮にデッドストックで見つかったとしても、スカートはボロボロになってそうだし…

なにより売ってないし。

という訳で、現代に生まれ変わった「エクスキャリバー・プロバズ」である、ブーヤー スクイールチャーを素直に使ってみます。

 

なんだかイマドキなバズベイト

 

最近、depsのマツバズ(左)や、RAID JAPANのマスタブラスタ(右)といったイマドキ系!?なバズベイトを入手したのです。

いずれも、特徴が良く似ています。

線径太目なワイヤー、アッパーアームとロワアームが平行な作り。(空気抵抗が減って飛距離が出ます)

パッケージから出してすぐにイイ音を奏でてくれる「エイジングレス」仕様など、とても使い易く出来ています。

 

なんと、意外な事にブーヤー スクイールチャーも、そんなイマドキ風バズベイトの特徴が当てはまるのです。

「ブーヤーのバズベイト」とか、「ヒロ内藤」というキーワードから想像するバズベイトは、もっと違う感じだったのですが、予想をいい意味で裏切られました。

左右非対称ヘッド

 

とっても個性的な左右非対称ヘッド。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です