ハンクル アライブベイトS(エス) インプレ。新しいタイプの巻き物ルアーでした。

スポンサードリンク

ハンクル アライブベイトS(シンキングモデル) インプレ

ハンクルアライブベイトS インプレ
 

ルアーの新製品って魅力的ですよね。もうすでに十分な数のルアーを持っているはずなのについつい買ってしまう…

釣具屋巡りをしていたら、ハンクルアライブベイトS(エス)が猛烈に気になって購入してみました。

5連結ボディ+シリコンテールの多連結系ベイトで、2020年4月に追加されたシンキングモデルになります。

↑フローティングモデルが先行販売済み。

ボディサイズは120mm、テールを含めた場合は140mm。ビッグベイトと呼ぶには小さいですが、なかなかのボリューム感があります。

SPEC

MODEL ALIVE BAIT
MAIN TARGET BASS
TYPE FLOATING
LENGTH 14.0cm
※テールを除いた本体のみの全長は12.0cm
WEIGHT 16.5g
HOOK BELLY : VANFOOK DT-45S #4
REAR : VANFOOK DT-45S #6
PRICE ¥3,900 +税
REMARKS スペアテール1個付属

多関節系ならではのウネウネアクション

ハンクルアライブベイトS ジョイント角度
 

最大の特徴はやはり、この5連結ボディでしょう。それぞれの許容角度が大きめで最大でほぼ180度に近い曲げ角となります。


(※動画は一番下がシンキングタイプ(当製品)で、上2つはフローティングタイプを連結させた時の動きです。連結も出来るのか…非常に面白いですね。)

 

連結ボディによって生み出されるウネウネとしたアクションは、唯一無二の艶かしさでした。

連結部は太めのヒートン×2で連結されており、まだ魚をかけた訳では無いのですが、強度的な問題はなさそうなシッカリとした作り

非常に手間がかかっている感じです。

ウェイトはヘッド部分

ハンクルアライブベイトS ウェイト構造
 

ちょっとローライトでしたので、うまく透過出来なかったのですが、ウェイトは1番目の頭部分に内臓されているようです。

フローティングモデルが自重16.5g、シンキングモデルが22.5gですので結構なウェイトを搭載していますよね。

 

沈み方は、リトリーブを止めると頭からストンと沈みます。「普通にただ沈む」という印象で、リトリーブを止めて誘うタイプのルアーでは無いような印象を受けました。

とは言え、スピナーベイトだってリトリーブを止めたら普通に沈みますし、それと同じことだと思います。

 

つまり、シンキングタイプは「巻き物っぽい性格」の持ち主です。

フローティングとシンキングの選び分けは?

フローティングは持っていないのでアレですが、フローティングとシンキングの選び分けです。

 

アフターの時期など動きが緩慢な時にじっくり見せたい時や、トゥイッチなどして小技を効かせやすいのはフローティングモデルかな?と思いました。

一方で、巻き物に積極的に出るような時はシンキングで広範囲にサーチする。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です