一誠 issei ギルフラット。ギル型ワームの「縦泳ぎ」っていつ使う?

スポンサードリンク

一誠のギルフラットのインプレです。

縦泳ぎもこなすマルチなギル型ワームに仕上がっていました。

ところで、ギル型ワームの縦泳ぎ、ってどんな場面で効くんでしょうか。

一誠 issei ギルフラット

 

村上晴彦氏率いる一誠からリリースされている、ギルフラット。

ハードベイト、ワーム問わず、あらゆるギル型ルアーを片っ端から試し、もっとも自分に合うモノを探しております。

という訳で、以前から気になっていたギルフラットを試してみました。

イカ焼き的な形状

 
 

とても印象的なのが、イカ焼き的?なこの形状。ちょっと美味しそうww

これにより水絡みの良さと、尋常じゃないテールの柔軟さを実現。

十字のテール

 

テールは姿勢安定の為、十字形状となっています。

縦泳ぎ対応

最大の特徴は縦泳ぎ対応である点。早速縦泳ぎセッティングで試してみます。

スリット入り

 

頭の部分にスリットが入っており、付属の浮力体(ウレタンフォーム)を埋め込める仕様。

 

フックは、イマカツ社がジャバギルで考案した、いわゆる「たすき掛け」セッティングにしてみました。

ボディにスリットが刻まれているので、綺麗にセット可能。

フック自体がボディ下部のオモリになる事で、縦泳ぎ時の姿勢安定を助けます。

フックサイズはカルティバのマルチオフセット4/0が推奨。手元に無かったので、RYUGI LTオフセットの4/0で代用しました。

また、写真のように腹部にバランスウェイト(0.3g~0.45g程度)を入れて、姿勢を微調整します。

ネイルシンカーで泳ぎを微調整

セッティング方法はルアーニュースRさんの記事を参考にさせていただきました。

 

推奨セッティングは、ネイルシンカーを2つ使うようです。1.3g~1.8g程度のネイルシンカーを頭に入れて、頭からフォールするセッティングにします。

 

私は、腹部のバランスウェイトのみ入れたので、スローシンキング状態になりました。むしろバランスウェイトの方を省略することが多いとの事。

詳しくはルアーニュースRさんの記事を参照くださいw

テキサスリグも

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です