師走の三島湖バス釣り。シャローからバスが居なくなるXデーはいつなのか?まだ居たよw

スポンサードリンク

師走の三島湖へ行ってきました。

減水&季節進行でシャローカバーにバスは居るのか居ないのか。

「初冬のバス釣り」の季節感を考察します。

 

初冬の三島湖バス釣り!

 

また三島湖。師走バス釣りたい…

ikahimeさん(@ikahimenet)がシェアした投稿 –

 

3度目の三島湖バス釣りです。

最近三島湖ネタばかりでスイマセンw

 

石井ボートさん

Webで完結するモダンな予約システムを備えた石井ボートさんから出船です。

コンディション

 

水温は12度台。昼間もあまり上がらず、13度台になる事はありませんでした。

水位は先週からぐっと減って、平常水位-1mぐらいでしょうか。

岸際は露出して、カバーがプアになっていました。

これが迷いを生むことに。

釣果

友人が3本。私はデコ。

そろそろ私の魚が居なくなっていくシーズンですw

立ち回り

まずは本湖周りを攻めていきます。

巻きや打ちで探るも目立った反応は無し。

カバースモラバ

岩盤や岬が無反応だった為、カバーを探る事に。

本湖の通称「豚小屋前」の竹のレイダウンにカバースモラバを打ち込んでいきます。

私はO.S.Pの05タッガー、友人はnoriesカメラバ。

あ、カバースモラバのトレーラーにイモをセットしていたのですが、半分ぐらいにカットするのが主流だそうです。

写真は私の間違ったセッティング。

カメラバキタ!

 するとAM10:00頃、友人のカメラバに待望のHIT!

40センチチョイ欠けぐらいの良い魚。

その後も2回ほどバイトを得る事が出来ましたが、惜しくもバラシ。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です