アベンタクローラー2017スーパーボーン!カルピス復刻は「ユーザーのアベンタ交流」を見たイマカツの良心?

スポンサードリンク

アベンタクローラー2017スーパーボーンを入手しました!

ディープハネモノ師が使う、初期ロットのカルピスアベンタ。それに憧れる一般アングラー。

カルピスアベンタは「ユーザー同士のアベンタ交流」を見たイマカツの良心?復刻のその真意を考察します。

イマカツ アベンタクローラー2017スーパーボーン

 

spec

Length 11.5cm
Weight 1.3oz class
Color スーパーボーンホワイト(羽根:ブラック)

イマカツ「アベンタクローラー2017 無塗装スーパーボーン」がホワイトバスさんより着弾いたしました。

2010年代のハネモノムーブメントを代表するルアーである、アベンタクローラー。

今回入手したアベンタクローラーは、アベンタクローラーの2017年モデルである、「アベンタクローラー2017 UPDATE MODEL」をベースとし、初期ロットのアベンタクローラーのみの特徴である、「アベンタ専用に選んだ樹脂」をマテリアルに採用した復刻モデルです。

無塗装!スーパーボーン

 

そそるわあ、な「無塗装 スーパーボーン」ステッカーが貼られたこのパッケージ。イマカツ社はアングラーの物欲をくすぐるのがお上手なようですww

くすぐられまくりです。くすぐられすぎて買っちゃいました。

 

アベンタクローラーとマテリアルの歴史

 

出典:K.IMAE Top Secret

アベンタクローラーは、初期ロットのみ、ABSボーン樹脂ではない、アベンタ専用に選んだ樹脂を採用していました。

そしてその初期ロットのアベンタの動きが異様に良いらしく…

 

しかし、塗装剥げがハンパない事から、セカンドロットからは普通の「ABS透明樹脂」「ABSボーン樹脂」となってしまいまいました。

 

コアなハネモノ通の嗜み

そこで初期ロットと、セカンドロット以降の通常素材との違いを吟味するというのが、ディープでコアなハネモノ通の嗜みという訳です。

 

しかし初期ロットはタマ数が少なく、幻レベルの存在でした。

私のような者が容易に入手出来るモノでは無かったのです。

ボーン素材アベンタクローラーの復活!

そんな「カルピスアベンタ」への憧憬の念を抱く私に朗報が入りました。

 

「アベンタクローラー2017」に、初期ロット素材の復刻仕様がリリースされるというのです。

カルピスアベンタへの憧れを常日頃膨らませていた私にとってこれほどの朗報があったでしょうか。

 

ディープハネモノ師たちの「マテリアルの違いを吟味する」という高度な考察、それを興味深く勉強させていただき、カルピスアベンタに憧れを持つ私のような一般アングラー。

イマカツ社にそのような「ユーザー同士のアベンタ交流」の構図が見えていたかどうかは分かりかねますが、嬉しすぎるリリースです。

雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です