イマカツ[IMAKATSU] ステルススイマー入手! ステルス性能が異常。 苺みるくな憎いヤツ。

スポンサードリンク

フックが完全に格納された、脅威のスナッグレス性能を誇るイマカツ[IMAKATSU] ステルススイマー。

「苺みるく」カラーを入手し、片倉ダムで使用してきましたのでレポートをお伝えします。

イマカツ[IMAKATSU] ステルススイマー

イマカツ ステルススイマー

イマカツ ステルススイマー

 
 

SPEC

 length  160mm 
 weight  35g/43g
 入数
 price 1800円(税抜き) 

まずは「ステルススイマー」のその艶かしいアクションと、脅威のスナッグレス性能を実感できる動画をご覧ください。

フックはどこ?

stealth_swimmer

出典:imakatsu
 

 
イマカツ ステルススイマー

イマカツ ステルススイマー

 

フックは背針仕様で、中空構造のボディに完全に内包されています。

ステルススイマー

このようにジグヘッドがセットされています

これにより、フックの存在感がゼロとなりフックの存在を嫌ったナーバスなバスを、違和感なくバイトに持ち込むことが可能です。

可動式ジグヘッドでフッキングも良好

バスがバイトしたときに抑え込まれるような状態になると、内蔵された可動式ジグヘッドにより、フックが上方向に「シャキーン!」と跳ね上がりボディから針先が飛び出すようになっています。

ボディは極めてソフトな素材で出来ているので、バイト時には小さく折りたたまれてフッキングの邪魔になりません。 

 
可動式ジグヘッド

可動式ジグヘッド 通常時

 
可動式ジグヘッド バイト時

可動式ジグヘッド バイト時

 
イマカツ ステルススイマー バイト時

イマカツ ステルススイマー バイト時

上写真のように、バイト時にフックが飛び出します。

ネオジム磁石内臓 

ステルススイマー ネオジム磁石

真ん中に見えているのが、ネオジム磁石

 

針先が隠れている通常時は、腹部に内臓されたネオジム磁石により、フックがホールドされているのでストラクチャーを乗り越えるような衝撃を加えても、不用意に飛び出したりしません。
 
 

超良心的な価格設定

1800円(税抜)で、なんと驚きの2個入りです。

これまでのスイムベイトの平均価格より確実に安価になっており、その低価格で革新的なステルス機構を使用することが可能です。

まさに「IMAKATSUの良心」。

脅威のステルス性能。

針先を巧妙に隠した画期的ボディ形状のおかげで根掛かりのストレスが極めてゼロに近くなっています。

かなり入り組んだブッシュなどに入れ込んでも大丈夫で、スイミングはもちろんのこと、テキサスリグのように打ち込んでみても面白いかもしれません。

これまでのスイムベイトで根掛かりを恐れて攻め切れなかったポイントへも超積極的にキャストすることが可能です。

完全にフックポイントが隠れた新機軸ボディにより複雑なストラクチャーを巧妙に交わしつつ、これまで誰もが敬遠していた、超1級ポイントでテールの艶かしいアクションを発生し続けます。

絶妙なボディバランス

ファーストリトリーブでもバランスを崩すことなく泳ぎきり、スローリトリーブではテールを大きくウォブリングさせる秀逸なボディバランス。

また着水後の姿勢が綺麗で、すぐに巻き始めることが可能で巻き始めのレスポンスにとても優れています。

なおかつスローシンキングでゆっくりと魅せることが可能であり、キャストが決まったときに短い移動距離で誘いを入れることが可能です。

多様なカスタマイズ性能

ステルススイマー ジグヘッド

出典:imakatsu 

ヘビーウェイトと、ノーマルウェイトの2つ入り(35g/43g)で、レンジを変えて攻めることが可能です。

且つ内臓されたシンカーを取り外して交換することが可能なので、2つのボディを気に入った自重で使用することも可能。

とてもユーザーフレンドリーな仕様になっています。

顎の下のラインアイ

また、顎の下にラインアイが装備されており、そこに追加のシンカーや、トレブルフックを取り付けることが可能。

ユーザーの好みに合った仕様にかなり自由にカスタマイズすることが可能です。

カスタマイズ幅が広い

こういったカスタマイズ可能な仕様をルアーに持たせているのはとてもいいことですね。

ここ最近のルアーでカスタマイズ幅が広いと感じたのは、NORIESのヒラクランクギル Sビル 140Fでしたが、ステルススイマーに関してはそれ以上のカスタマイズ幅を持たせているという印象です。

NORIES ヒラクランクギル Sビル 140Fのチューンについて

スキッピングがとてもやり易い

既存のソフトベイトにはない、全く新しいつるつるしたマテリアルと、その適度な自重のおかげか、スキッピングが異常に良く決まります。

スキッピングの練習用として購入してみても良いと思われるぐらいです。

そのあまりのやりやすさに、キャスティングが上手になったかと錯覚してしまうほどです。

いままで最もスキッピングしやすいと思っていたルアーは、depsのデスアダースティックでしたが、デスアダースティックのスキッピング性能を超えてきました。

適度に自重があるので、MHクラスのロッドで扱うことをオススメします。

こんなタックルでスキッピングしています★

他社製の針先を隠したスイムベイト

イマカツ ステルススイマーの他にも、フックポイントを完全に隠したスイムベイトがあります。

Megabassのダークスリーパーです。

まとめ

革新的な機構、高いコストパフォーマンス、ユーザーフレンドリーなチューン幅を搭載したイマカツ「ステルススイマー」。

これまでにない扱いやすさで私のタックルBOXの一軍入り決定です。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

人気記事★

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です