BLCC Tバド!!相模の国からやってきたバド。

スポンサードリンク

タフレイク津久井湖で高い実績を誇るという、ハンドメイドのバド系プラグ、Tバド。

そのアクションをチェックしてきました!

BLCCと、Tバドと

私の地元(神奈川県相模原市)にBLCCという、トップウォーターに強いコアなプロショップがあります。

地元という事もあり、学生の頃に行っていました。

 

大人になってからは、いつか行こう、と思ってまだ行けてないのですが…(汗

最近になって、そういえば昔、地元にめっちゃコアなバスのプロショップあったよなあ。と思い出して、調べてみるとBLCCでした。

 

そこのオリジナルルアーである、Tバド。店主である黒沢幸男氏によるハンドメイドルアーです。

ビッグバドよりもひとまわり小さめで、バルサとウッドの複合ボディ、金属リップ、ヒートン直付けなどが特徴的です。

なんでも、トップウォーター界隈では伝説のルアーで、90年代からタフレイク(主に地元の津久井湖)のランカーキラーとしてその名を馳せた、名作バドだそうです。

プラVer.もアリ。

黒沢氏監修のもと、ザクトクラフトからT-BUDというネーミングでプラスチック版もリリースされています。

(ナマズにも絶大に効くらしい)

Tバドに 上州屋 つきみ野店で出会った。

地元プロショップの往年の名作…という事で、Tバドがめっちゃ気になって仕方がなかったのですが、どこにも売ってない..

プラ版のT-BUDは、ナマズコーナーなんかで結構普通に売っていますが…

でも、オリジナルが欲しいなあ。多分BLCCに行かないと買えないんだろうな、と思っていたワケです。

 

で、ひょんなことから訪れた上州屋つきみ野店さん。(アウトドアワールド)

そこで、BLCC黒沢氏によるハンドメイドのTバドに、出会えたのでした。

まさか置いてあるとは!リアクションバイトしてしまいました(笑)

Tバド観察

 

ハンドメイドならではの、味わいとぬくもりが感じられます。カラーリングも、美しい。

アクションの説明書が同封されていましたが、カラー名などの記載が無かったので、分かりかねるのですが、紫とオレンジのツートンという事でサンセット系のカラーリングですかね。

 

リップの裏には、「BLCC Tバド」と、シリアルナンバーが刻まれています。

 

うーん、美しいですな。

非常にカメラ泣かせのカラーリングで、ホワイトバランスが暴れて上写真は赤っぽく映っていますね。

実際は他の写真のようなオレンジっぽいカラーです。

フックが…

最近のルアーではあまり見たことがない、針先がかなり内側を向いた形状のトレブルフックが使われています。

これは往年のトップウォータープラグ的な作り?なのでしょうか。

現代的な目線で見ると、ちょっと掛かりが心配な気がしないでもないですが、まずは純正で使ってみることにします(‘ω’)

アクション

テールのブレードがカランコロンと味わい深く、甘いサウンドを奏でて、かなりイイ感じのアクションです。

正直バド系は詳しい事は分からないのですが…

現代風に言えば、デッドスローリトリーブでもしっかりと泳ぎつつ、かなり移動距離を抑えたネチネチ系のバド、という印象です。

 

また、キモチいいサウンドを奏でてくれる巻き速度が、ある程度限られているような感じはしました。そこを外すとちゃんと音が鳴らないです。

適切なリトリーブスピードをルアーが教えてくれて、あまり速い巻きスピードには対応しません。

どちらかといえばやはりピンでシッカリ系、だと思います。

まとめ

魅惑のトップウォータープラグ、BLCC Tバドでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です