三原虫。意外と少ない沈む虫。

スポンサードリンク

沈む虫が欲しい!という事で、三原虫を導入しました。

フォールスピードや使い勝手が素晴らしい虫系ワームでした。

イマカツ 三原虫 インプレ

 

イマカツからリリースされている、三原虫のインプレです。

JBトップ50プロ、三原直之氏プロデュース。

大きさは2種類。

ミハラムシ   Size:2inch class (5本入り)
ミハラムシ40 Size:40mm (4本入り) 
 
そのうち、小さい方の[ミハラムシ]を購入しました。 

インサートされた足が素晴らしい

 

イマカツHP記載まんまの情報ですが、シート形状でインサートされているレッグパーツは、ズレを気にしなくて良いのでとても快適でした。

ラバーを刺してあるワケではないのです。個体差が発生しないのも美点。

いつでも均等に揃ったレッグパーツの恩恵を受けられる、素晴らしいアイデアです。

イモラバとどう違う?

 

見た目は、イモグラブにラバーを刺した、通称「イモラバ」に似ています。

しかし使ってみると全然違って、イモより全然軽くてフィネスです。フォールスピードがかなりゆっくり。

イモラバはボトムが主戦場ならば、三原虫は中層、フォール中が主戦場です。

飛距離は出ない。PEセッティング推奨

今回購入した、小さい方の三原虫はかなり自重が控えめなので、飛距離が出ません。

特にフロロラインだと厳しいので、PEセッティングのスピニングが必要になると思います。

沈虫(チンムシ)

 

沈む虫ワーム、の破壊力は一度試すと病みつきです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です