春の相模湖 プリスポーン攻略!どこで釣れば良いの?

スポンサードリンク

春の相模湖バス釣りは、どんなエリアで釣りをすれば良いのでしょうか。

いち早く春の訪れが感じられるエリアで、プリメスをGETする事が出来ました。

春の相模湖バス釣り!

 

相模湖アタックに行ってきました。午後出社で、半日釣行です。

13時出船という、やる気の無さw

(午前中は、家の雑務。午後釣行はとてもコスパ悪いですが、近所ならではのチョイス。)

秋川屋 釣りの家さんから出船

 

いつもの秋川屋さんから出船。

午後出船という事で、準備時間を短く済ませたい。

 

そういう時、桟橋ゼロ距離は非常に助かります。

釣果

 

プリメス1200gを捕獲!プリメスの見分け方、正直曖昧ですが、このお腹はプリメスっぽい。

(単に喰いすぎのオス、という可能性は全く否定できません。)

目の前でボイルが発生するというラッキーフィッシュでした。

一日やってデコるのもザラなのに、半日で釣れるという快挙(*’▽’)

とても効率がイイ一日となりました。いつもこうなら良いのにw

魚探なしスタイル

 

半日だしめんどいので、魚探なしスタイルにしてみました。

重厚長大になりがちなレンタルボートスタイルにおいて、これはこれでアリ。

さらに、12ftデッキ付きボートをお借りして、デッキ無し楽チンスタイル。

JACKALL川島勉さんの、お楽しみ魚探なしスタイル、をYouTubeで見てマネしましたw

立ち回り

 

半日でしたので、少しでもマイナス要素のあるエリアはパスして、選択と集中方式で回りました。

秋川屋さんから出ましたが、キツイ濁りの入った秋山川は、パス。

 

リザーバー特有のエメラルドグリーンな水の色(水がきれい)なエリアで、釣りをするようにしました。

一番早く春が訪れるエリア

あとはとにかく春っぽいエリアを回りました。

春の相模湖で大切だと思うのは、最も春の訪れが早いエリアで釣りをする、という事。

 

ただ、春っぽいエリアは、当然アングラーも多いので、タイミングをずらして2回入りました。

それから、そのエリアの生命感、ベイトフィッシュが居るか、水の色、カレントなどを考慮しました。

 

どんなエリアが春っぽいか、というのは五感で感じていますw

荒食い君発見。

 

と、語ってみましたが…

結局釣れた理由は、目の前でモワンとボイルが起こり、リグってあったヴィローラを適当に投げ込みました。

すると、スゴイ勢いで寄ってきてパクっと喰ってくれただけ。

 

それ以外はホント無でした。簡単ではない、いつもの相模湖の感じです。

どうすればちゃんと狙った魚を釣れたのか、は全く分かっていません。

なので、この1本だけで終わりました。

浮いているバス結構いた。

 

あ、だけども、ボケっと浮いているバスが結構いました。すでにわりと春っぽい雰囲気全開の相模湖です。

もちろん、虫やミミズで果敢に攻めましたが、シカトされちゃいました。

ヴィローラ神

DSTYLEのヴィローラ、ハンパないです。

前日の三島でも活躍してくれましたが、またもや助けられました。

ホントにスゴイルアー。ちょっと品薄気味なのがアレですが、見かけたらぜひ試してみてください。

まとめ

 

偶発プリメスが取れた春の相模湖。狙ってとりたい今日この頃。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です