[2020年9月29日]相模湖バス釣り 秋川屋から出船。1500g×1、600g×2。ヤマセンコー4インチNS

スポンサードリンク

9月 相模湖 バス釣り

 

2020/9/29(火)に訪れた相模湖バス釣りです。秋川屋から出船し1日釣りしてきました。残暑も影を潜め、湖上でもだいぶ過ごしやすくなりましたね。ただここ2週間で急激に涼しくなったため、バス君たちのテンションは下がりがちかもしれません。

主に秋山川、本湖方面をチェックしてきましたので各所のコンディションなどを共有します。

コンディション

 

9月29日(火) 相模湖

天気:雨/曇

水温:16℃〜19℃ (表層)

気温: 14-20℃

釣果:ヒットルアー:ゲーリーヤマモト ヤマセンコー4インチNS

釣果

 

朝一、前回も調子の良かった揚げ沢入り口でバックシートの友人が1500g。4インチヤマセンコーのNS。カラーは濃いめのやつ。

 

私も500g〜600gを2本GET。

 

2本目のバスちゃん。

前回相模湖に訪れた際にも揚げ沢入り口で美味しい思いをしたので、ついつい思い出巡りしてしまいました。思考停止気味な立ち回りですが、それでも答えてくれる魚が居る相模湖に感謝。

 

タックル

 

タックルはこんな感じ。ワールドシャウラをバスで入魂することが出来ました。

ロッド:シマノ ワールドシャウラ2702R-2

リール:’20 ヴァンフォードC3000XG

ライン:PE1.5号+8lbフロロリーダー

ルアー:ゲーリーヤマモト ヤマセンコー4インチ ノーシンカー

フック:イチカワフィッシング PK-2 #2/0

 

イチカワのPK-2はナローゲイプタイプのオフセットフックなので、ヤマセンコーと良く合います。

 

ヤマセンコーは数年前のバサクラで買ったUSパッケージのやつで、カラーはアズキっぽい謎カラー。国内のヤマセンコーのカラーチャートに無いので不明です。ただの気分で選びました(爆)

前回はベイトフィネスジグEVO + モコリークローでしたが、ボトムの釣りに反応が良いことは分かっていたのでヤマセンコーNSにしてみました。

岩盤側をコロコロとフォールさせると「コンッ!」と小気味好いバイトが出ます。貼らず、緩めずぐらいのテンションでラインメンディングするとアタリが取りやすいですね。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です