[アングラー取材]リチビー VS リオタンク フルリチウム トーナメントスタイル[その3]

スポンサードリンク

アングラー取材 第13弾 kadooさん @1月中旬の相模湖 [その2]

 

アングラー取材第13弾はフィッシングガレージブラック・釣り吉ホルモンフィールドスタッフkadooさんのレンタルボートスタイル紹介[その3]です。

  • [前編]は14ft用セッティング
  • [その2]はエレキ2機掛けセッティング
  • [その3]はフルリチウムイオン仕様のバッテリーセッティング⇦この動画

についてお伝えします。

 ☝︎YouTube動画はこちらになります。

“ikahime”

全部載せ仕様のレンタルボートセッティングのうち、「リチウムイオンバッテリー」について深掘りしていきます!

エレキ用バッテリー プロショップオオツカ リチビー36V 50Ah × 2

 

エレキ用バッテリーは、プロショップオオツカ リチビー36V 50Ah を贅沢にも2発使用しています。

サイズ

347×155×270mm

重さ

17.8Kg

定格電圧

38.4V

充電終始電圧

43.8V

放電終始電圧

30V

最大充放電電流

80A

動作温度

045℃

保管温度

025℃

プロショップオオツカHPでの価格は、231,000円。重さは17.8Kgとなっています。

フロントのモーターガイド ツアー36Vと、リアのモーターガイド 36V二台の2機掛けセッティングのため、リチビー36V 50Ah を2台、船尾に横置きしています。

Kadooさんは、丸2シーズンほど使用しています。

リチビーのメリット

リチビーのメリットとしては、やはりとにかくパワフルで、一度味わうともう鉛には戻れない。とのこと。

スタミナも抜群で、一例として亀山ダムを一周できそうなほど巡行距離は長いです。

 

また、鉛バッテリーは徐々にパワーダウンしますが、リチウムは最後までパワーが落ちないのも美点。

ただし電力がなくなった時はBMS(コンピュータ基板)への電力供給が止まり、突然落ちてしまうため注意が必要です。

 

リチビーは防水ではないという弱点がありますので、純正の専用バッテリーカバー(防水袋)に入れて対策しています。専用バッテリーカバーは別売り。

常に防水袋へ入れた運用で、ボートに水が溜まってしまうほど大雨の時も問題なく稼働して、その後の不具合もありません。

 

配線のコネクターはアンダーソンコネクター仕様にしており、延長コードにワンタッチで接続することができます。また、充電器もアンダーソン仕様にしています。

GAMIN ライブスコープ用 AXIA リチウムイオンバッテリー Lio Tank 24V 80A

 

GAMIN ライブスコープ用に積んでいる、AXIA リチウムイオンバッテリー Lio Tank 24V 80A。

価格は、¥196,900 (税込)。

コンパクトなサイズ感や、きめ細かい利便性を追求した作りに惹かれて購入したというLio Tank 24V 80A。株式会社アクシアが販売しています。

こちらはGARMIN ライブスコープの電力源として使用しています。

リオタンクのメリット

  • 完全防水
  • 設置向きを問わない
  • ON/OFFスイッチ付き(接続時のスパークが起きない)
  • 電池残量インジケーター
  • 12.4kgの軽量設計
  • アタッシュケースのように持ち手付きで持ち運びしやすい
  • 優れたコストパフォーマンス

かなり釣り人のことを考えて作られていることがわかります。

デメリットは今のところ判明していませんが、何かあれば追記させていただきます。

フィッシングガレージブラック

Kadooさんは、フィッシングガレージブラック フィールドスタッフでいらっしゃいます。

今回ご紹介した装備にしたい!という場合は、フィッシングガレージブラックさんにぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

きっと力になってくれるはずです。

フィッシングガレージブラック

〒260-0808 千葉県千葉市中央区星久喜町157−3

kadooさんのYoutubeチャンネル

Kadooさんは、Twitter・Facebook、そしてYoutubeチャンネルも運営し、情報発信もこまめにされています。

ガチトーナメンターの実釣動画は勉強になるところがたくさんです!ぜひご覧ください。

次回:リチウムイオンバッテリーについて深掘り!

次回は、GARMIN エコーマップ ウルトラ + ライブスコープのセッティングについて深掘りしていきます。

お見逃しなく!

取材させていただけるアングラーさん募集中

取材させていただけるアングラーさんを超募集してます。 我こそは!という方がいらっしゃいましたらぜひお願いします。

特に関東一円のフィールドでレンタルボートスタイルのバスフィッシングを楽しまれているアングラーさんですと、非常に嬉しいです。

(私は神奈川県西部住みです。とはいえ、関東近郊でしたらご相談に乗ります。)

 

もちろん費用などはいただきません。普段釣りをされているところに、私がしれっとお邪魔するイメージです。(日程は要相談)

※もしご希望の方がいらっしゃいましたら、TwitterでリプやDMくださると一番レスポンス早いです。ツイ廃なので。

ikahimeちゃんねるについて

■チャンネル登録よろしくお願いします!! http://www.youtube.com/channel/UClRd0…

■ブログ https://ikahime.net/

■Twitter https://twitter.com/ikahime_net

■インスタグラム https://www.instagram.com/ikahimenet/…

■ikahimeちゃんねるとは? バス釣りブロガーikahimeがお送りするバスフィッシングYouTubeチャンネルです。

神奈川生まれ神奈川育ち、アラサー妻子持ち。(超普通) 小学生のころにグランダー武蔵やミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。 リザーバーでのレンタルボートスタイルをメインとしています。

主に関東一円のバスフィールドを中心に実釣ムービーをUP! バスだけでなくソルトも始めました。ショア・オフショア問わずシーバス、タチウオ、マダイ、シイラetc..狙ってます。 ゆるい感じのファンフィッシング動画をお届けします。

■その他ikahimeのSPEC

・TSURIHACKでバス釣り記事のライターやってます。

・釣り具買いすぎてお金ない

・ワールドシャウラーLv.1

リールカスタム情報まとめ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


4 × 2 =