気難しい秋の野尻湖バス釣り。9月のフォールターンオーバーを検証!

スポンサードリンク

スモールマウスバスを狙いに晩夏の野尻湖へ行ってまいりました。

3度目の遠征となる今回、事前情報はシブい、という事でしたが..

お盆明け、9月の野尻湖の難易度を検証します。

 

グッと難しくなる9月の野尻湖スモールマウスバス

 

野尻湖へ遠征に行ってまいりました。自身3度目の野尻湖です。

遠征はホントにワクワクしますよねえ。バスフィッシングの楽しみのうちの一つです。

 

前回は7月に訪れてめちゃくちゃ良く釣れました。

その前の年は9月に訪れ、圧倒的貧果でしたw

 

という事で、この時期は難しいだろうとは思っていましたが…盛夏に行くタイミングを逃し、9月中旬の遠征となりました。

釣果

 

初日はデコ。2日目は友人となんとかボウズ逃れを1本ずつGETという貧果となりました。

結果的には気難しい秋のスモールマウスバスに翻弄されまくり…

という訳で、一応立ち回りをご紹介しておきますが、9月の野尻湖でこうしたらデコるという反面教師記事ですw

杉久保ハウス

 

国民宿舎、杉久保ハウスに宿泊しました。安価な宿を求める向きに最適。

素泊まりプランでも、宿のおばちゃんが朝におにぎりを2個作ってくれて2日目の昼食代がちょっと浮きますw

そして杉久保ボートでのボートレンタルとのセット割引アリ。

コンディション

 

ちょっとばかり減水しておりました。

これがなんらかのマイナス作用を及ぼしているのか、分かりませんが..

立ち回り

おかっぱり

 

野尻湖のボート営業時間は7時から16時とやや短め。出船までに時間があるため、まずはおかっぱりして様子を見るのが定番コース。

減水により岸際は干上がり、ことごとくオカッパリで良く釣れていたポイントが消滅し、捗らないことは確か。

予想通り反応はありません…

Day1

 

1日目は杉久保ボートさんからYAMAHA製4スト100psを搭載したスプリントで出船。

 

正直ややオールドスクールな船体ですが、コンソール付きのバスボートってだけでテンション上がります↑

 

岬周りや、ディープフラット、水道局前など定番スポットの水深5m~10mレンジあたりを攻めますがひたすらノーバイト!

 
 

いきなりベビーサーディンのダウンショットw

 

野尻湖釣具店さんで購入した新兵器、ネッドリグや…

 

イガジグスピン等のスピンテールジグ…

 

メタルワサビー4gなどのメタルジグ。

 

その他スピナーベイト、フットボール、シャッドなどスモールマウスバスに効きそうなあらゆるメソッドを果敢に試しましたが無。

キャスト後にカウントしたり、こまめにシンカーウェイトを調整してレンジを変えてみたり。

 

場所によっては魚探にワカサギの群れは良く映るんですけどね…また、釣れている方もちらほら見かけましたよ。

 

フォールターンオーバー??

いわゆる「フォールターンオーバー」が起きて、活性が下がっているのでしょうか。

しかし、見たところそこまで水質が悪化しているようにも思えない。わからん!w

仮に起こっているとすれば、サーモクラインが無くなりバスの居場所が絞りにくくなっている..?

 

キャロシャッド多し。

あと印象的だったのは、いわゆる「キャロシャッド」をやっているアングラーを多く見かけました。

(私、実は「キャロシャッド」知らなかったのですが、文字通りシャッドプラグをキャロライナリグにしてディープエリアに送り込み、ジャーク&ステイさせる釣り方だそうです。)

 

シャローも念の為チェック

バスたちのレンジは下がっているだろうという仮説を立てておりましたが、念の為、シャローもチェック。

虫系やプロップベイトなどシャローっぽいやつを投げてみます。しかし無。

 

ラストエースだけチェイスあり

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です