スモールマウスバスに効くワーム3選。実際に野尻湖で効いたヤツ!

スポンサードリンク

野尻湖に訪れた際に、これは良く釣れるなあ。と実感した、スモールマウスバスに有効なワームをまとめてみました。

野尻湖遠征

 

年1回、スモールマウスバスを狙いに、長野県野尻湖に訪れるのを恒例行事にしています。

そんな野尻湖で、スモールマウスバスにとても良く効くワームをまとめてみました。

ゲーリーヤマモト シルクワーム

 

まずはコレ!絶対に外せないのが、ゲーリーヤマモト シルクワーム。

相羽純一氏プロデュースで、ティムコからリリースされています。

何故釣れるのか。何故レッグワームではなく、コレなのか。

と言われると、明確な答えを出すのが難しいところではあります。

しかし何故だかスモールマウスバスの反応が良いんです。

 

私が考える釣果の秘密はこちら。

・扁平ボディにより、水を受けユラユラとフォール。去年訪れたのは、6月上旬で、アフター回復期間の個体にゆらゆらフォールが効いた

・コンパクトで、食べやすいサイズ。野尻湖のワカサギは2~3センチと小さいので、2インチのワームがマッチザベイト。

・ピンピンと動く、繊細なテール部分。ワカサギ喰いだけでなく、エビ喰いのバスにも訴えかけるアクションを持っている。

 

こんなところが、スモールを良く騙すことのできるキーポイントとなっている気がします。

欠点を挙げるとすれば、ゲーリー直系ではなくティムコ扱いで、店頭に置いていないお店が多いと言う事。

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー2in

またゲーリーwヤマセンコーの2inになります。

こちらも、明確な理由は定かではありませんが、スモールからのラブコールが多い逸品。

きっとスモールの好む何かを持っているのでしょう。そうとしか思えませんw

こちらもダウンショットリグ、またはスプリットショットリグで使用します。

センコーはフォールだけじゃない!を私に教えてくれました。

ガルプ SWベビーサーディン

もはやエサの領域、とも言える爆釣性能を誇る、ガルプ SWベビーサーディン。通称ベビサ。

元々はソルト用で、ロックフィッシュ(カサゴ、メバル)などを狙うためのワームです。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です