夏の白樺湖&蓼科湖で 癒しのコバス釣り 40UPも?? 前編

スポンサードリンク

魅惑のハイランドレイク、白樺湖&蓼科湖。
馴染みのフィールドを離れ、高原の空気を吸いながら
長野県蓼科高原でバスフィッシング!
釣果情報などをシェアします。

蓼科高原でバスフィッシング

蓼科高原

蓼科高原

 

北に蓼科山、東に八ヶ岳を望む、長野県の蓼科高原。

大学時代の友人達と、7月に蓼科高原でBBQをすることが毎年恒例行事になっており、今年も行ってきました。

避暑地として有名な彼の地ですが、蓼科湖、白樺湖というハイランドレイクが位置しており、バスフィッシャーマンとしてはこれは見過ごせないところでしょう。

蓼科湖は標高1,250メートルに位置する灌漑用のため池。
白樺湖は標高1,416メートルに位置する人工湖。

参考までに代表的なハイランドレイクの河口湖の標高は833 mです。

あくまで今回の旅の主目的は、大学時代の友人達とわいわいBBQする事のはずですが、
頭の中から釣りが離れない為に、BBQの前後の時間を利用して白樺湖と蓼科湖で陸っぱりをすることにしました。

蓼科湖

蓼科湖

蓼科湖

 

まず初日は、BBQ会場から程近い蓼科湖で釣りをすることに。
午前6時に現地入り。
 ’野池’と呼んでも差し支えない程度の小規模フィールドなので、まずはぐるっと一周し魚の濃いエリアを探します。

甘くない蓼科湖

最初に入ったエリアで幸先よく第一見えバス発見
バスの泳いでいった方向へライトリグを投入し誘ってみます。
しかしバイトは得られず。

あきらめて他のエリアで巻物でサーチするも反応はなく…

巻きで反応がなかったのでサイトに作戦変更。
o.s.pのオリカネムシダディで誘います。
しかし甘噛みはしてくるもののなかなかのらず。

んー、甘くないようです。

あまり釣り人は多くないので、人的プレッシャーはかなり低いはずなんですが…
例年の釣果を考えると、そんなに簡単ではないことはわかってはいたのですが、
もっと釣れてもいいはずなんですけどね…

蓼科湖

蓼科湖

 

写真は去年の釣果ですw
 

嬉しい外道だね

この日の午後はBBQ。
釣れないままにBBQの開始時刻が迫ってきました。
ライトリグに反応がないので、半ばやけくそ?でサーチ的に
 JACKALL 躱マイキーをウネウネさせていると、近くでオレンジ色の魚体がもんどりうっている姿を確認。

明らかにバスじゃなさそうだけど、とりあえず投げてみるか。
そんな軽い気持ちで、オレンジ色の魚体が見えた数メートル横に躱マイキーをキャストして

ウネウネさせていると、ガツン!と生命反応が。

寄せてみるとびっくり、スレ掛かり&狙いの魚ではありませんが、
45cmほどの見事なニジマスをGETすることが出来ました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です