スタッガーワイドツインテール4インチ+スライドフォールジグ!ブルフラットが売っていないので浮気です…

スポンサードリンク

ハイドアップのスタッガーワイドシリーズ専用ジグ!?としてリリースされているスライドフォールジグ。

スタッガーワイドツインテール4インチと組み合わせて使用してみました。

ブルフラットが売っていないので浮気です…

 

HIDEUP スタッガーワイドツインテール4インチ+スライドフォールジグ

 

HIDEUP スタッガーワイドシリーズに使用する、ちょっと軽めのジグを探していたところ..

スタッガーワイドシリーズのアクションを最大限に活かすことが出来る、というスライドフォールジグなる製品を発見。

素直に、セットで購入してみました。

セッティング方法

 

ちょっともったいないですが、頭の部分を2関節ほどハサミで切ってからセッティングすると、ジグとワームの一体感が高まり、より美しくリグれます。

また、ワームの頭部分の身切れもしにくくなります。

写真では3関節ほど切ってますが、2関節の方がより良かったです。

 

さらにギル系ワームは自重がかなりあるので、ジグトレーラーにした際にズレがとっても気になりますが、FINAのトレーラーロックを装着すれば、ズレナシ。

ギル喰い特化型最強ジグの完成です。

 

専用設計!?なのでフィッティングはGOOD

 

 

とても美しくリグれました。専用設計なので、素晴らしいフィッティング。

ジグとワームが一体化したような美しさです。

使用感

「スライドフォールジグ」というネーミングから、結構横方向にスライドしてくれるのかな?と思ったのですが、意外と垂直にちかいフォールアクションでしたw

ただしこれは普通のスタッガーワイドよりも、ツインテールのほうがスライド量が控えめな感じになっているので、ツインテールを使ったことによる効果も大きいと思います。

 

あとは4インチの自重も関係しているかと。

もともとスライドフォールジグはスタッガーワイドの2.7や3.3インチを前提にしてリリースされているようなのです。

 

もちろんフォールだけでなく、コツコツと岩盤エリアを舐めたりしても、根掛かりにくいヘッド形状でした。

マルチな感じに使えるという印象です。

懸念点

4インチを使用する場合、ワームのボリュームに対して少しフックサイズが小さい気がします。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です