[復刻]DAIWA T.D.ハイパークランク1066Ti インプレ。そそるチタンリップ。

スポンサードリンク

名作 T.D.ハイパークランク1066Ti インプレ

名作 T.D.ハイパークランク1066Ti インプレ
 
ダイワ T.D.ハイパークランク 1066Ti マットタイガー

ダイワ T.D.ハイパークランク 1066Ti マットタイガー

1,980円(10/27 07:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

復刻されたT.Dハイパークランク 1066Tiを投げてみました。カラーはSGギル。

私はモグリアングラーなので、名作であるオリジナルのT.Dハイパークランクを使ったことがありませんでした。

というわけで、T.Dハイパークランク初体験です。

SPEC

サイズ
(mm)
65
標準自重
(g)
16.5
色数 7
標準装備フック フック : #5サクサス加工フック
リング : #2
メーカー希望
本体価格(円)
2,000

チタンリップ

 

最大の特徴はチタン製のリップです。耐久性に優れ、リップラップ(ゴロタ石)などにガツガツぶつけても根をあげません。

また、ぶつかった時の反響も硬質な感じで、手元に伝わりやすいような印象です。

 

金属リップならではの薄さですね。キレの良いレスポンスを感じられます。(そんな気がする。)

リップの角度

 

リップの角度は浅く、水平に近いです。クランクベイトは一般的に、リップの角度が水平に近いほどよく潜るという特性があります。

潜行深度は6mというディープダイバーなので、潜行角度は急で、グッと潜る感覚が強いです。

前後フック

 

前後フックは同サイズで、#5サクサス加工フック(センターバランス仕様)となっています。名作ルアーに最新フックの融合、といったところでしょうか。

アイは前後ともタテアイですね。

ベリー側

 

ベリー(お腹)側から見るとこんな感じ。「T.D.ハイパークランク Ti 」の刻印が誇らしげです。(謎)

細身のボディ

 

リップの幅に全て隠れるボディは細身。リップでしっかりと躱してくれます。

純正スナップ付属

 

純正スナップが付属しています。形状はこんな感じ。これはどこのスナップだろう…(ダイワ製?)

Aモード、Bモード

 

スナップを引っ掛ける穴が2つあり、Aモード、Bモードを変更可能です。

TD ハイパークランク Ti Aモード

TD ハイパークランク Ti Aモード

 

奥がAモード。ワイドなウィグルでより深く潜ります。

TD ハイパークランク Ti Bモード

TD ハイパークランク Ti Bモード

 

Bモードは緩やかでタイトなウィグルアクションでちょい浅くなります。

ちょっとした位置の違いですが、明確にアクションの質が変わる印象で楽しいですね。

 

一つウィークポイントがあるとすれば、純正スナップの幅がちょっと大きくて、AとBの穴を付け替える時にやや難儀するということです。

やや細めのスナップに変えてあげた方がスムーズだと感じました。

キャストアキュラシー良し

16.5gという自重でキャストはぶっ飛びます。薄いチタンリップの抵抗の少なさも距離UPの要因かもですね。

内部構造

私の購入したSGギルカラーは、不透過系のカラーリングなので見れないのですが、ブラス製のラトルが4個と、可動式ウエイトが2個入っています。

ジャラジャラと結構音が大きめです。6mディープの世界でも存在感があるはず。

ほぼ垂直の浮き姿勢

 

出典:DAIWA

ほぼ垂直の浮姿勢もポイント。フックが完全にボディとリップの裏に隠れるため、ボトムでの根掛かり回避性能が高いです。

また、短い距離でも鋭角に潜らせることが出来ますね。

まとめ

 

以上、復刻されたT.Dハイパークランク 1066Tiのインプレでした。

房総リザーバーの4-5mディープフラットなんかで使い込みたいクランクベイトです。

普通のクランキングタックルで投げれるサイズ感ですし、ディープクランク入門に良さそうな感じがしました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ダイワ T.D.ハイパークランク 1066Ti マットタイガー

ダイワ T.D.ハイパークランク 1066Ti マットタイガー

1,980円(10/27 07:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です