秘密の山梨フィールド 千代田湖。千代田野郎 参戦記

スポンサードリンク

バス釣りブログKAWAZZ STYLE Ryoさん主宰「千代田野郎」大会へ参加してきました。

秋深まる秘境バス釣りフィールド、千代田湖での激戦の様子をお伝えします。

 

カワズスタイル

弊ブログでも何度かご紹介している、カワズスタイルさん。

山梨発のバス釣りブログで、今回訪れた「千代田湖」情報などを精力的に発信されているブロガーさんです。

 

気になるフィールドではあるものの、正直地理的になかなか訪れる事の無い千代田湖。

しかし今回、中の人Ryoさん主催の大会「千代田野郎」最終戦にご招待頂き、ボウズ覚悟で千代田湖に行ってきました!!

千代田湖

 

まず、千代田湖ってどこよ!?(失礼)ってお話。

山梨県甲府市に位置する、農業灌漑用ダム湖です。

甲府といっても盆地ではなく小高い山の上にあり、標高は550mほど。甲府市街地から、つづら折りの峠道を登っていくと現れる「ハイランドレイク」的フィールドです。

観光名所である昇仙峡の麓に位置し、規模感としてはさほど大きくないものの、1日レンタルボートフィッシングを楽しめる程度はあります。

 

ヘラブナのメッカとして有名で、大勢のヘラブナ師の姿も。

 

またバスフィッシングも盛んで、外周ほぼすべて水辺へのアクセスが良い為、ハイシーズンは多くのアングラーで賑わいます。

地元の釣り師達の憩いの場とも呼べるTHE・ホームレイク的な存在。

ボート事情

 

何より驚いたのはレンタルボート料金の安さ。なんと一日1,000円。

私の知るバスフィッシングフィールドで最も安い。余計な心配をしてしまうレベル。

 

決して広くはないフィールドながらボート店は全部で4店。今回お借りしたのは大沼荘さん。

12ftは一般的なヤマハ製のローボートで、普段のスタイルをそのまま楽しむ事が可能。(ラダーの当て木もアリ)さらに14ft、アルミボートが1台ずつ有ります。

 

駐車場から桟橋までゼロ距離で楽々。

 

千代田湖のボート事情について、詳しくはカワズスタイルさんでまとめれられています

 

千代田野郎スタート!!!

 

そんなこんなで千代田野郎スタート!

キーパー25センチ、リミット3本、総重量で競う。というのが基本ルールでありながら、毎回違う「プチルール」が定められるのが千代田野郎のしきたり。

今回は「基本的にワーム禁止。ただしワッキー掛けは許可。」という緩めなワーム禁止令ww

まずは湖全体をチェック!

 

とりあえず、初場所で全く未知数なので一周ぐるっと回ることに。

シャローは無

 

とりあえずシャローをチェック!

ボート屋回り、アシ、ウッドカバーなどをディーパーレンジ等で攻めますが無。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です