モーターガイドX5 エレキパーツまとめ。

スポンサードリンク

モーターガイドX5と、周辺カスタムパーツの仕様をまとめました。

モーターガイドX5 80lb(24V) 32インチシャフト仕様

 
 

モーターガイドX5です。推進力80lb、24V仕様なのでバッテリー2発が必要です。

流行のシャフトカット施工済みで、レンタルボート用に特化した、36インチ→32インチシャフト仕様。

シャローガンガンイケちゃうし、ヘッドの位置が低いので、キャストしやすい。

 

マチェットⅢハードプロップ&KTFクーリングプロップナット

 
純正品である、2枚歯仕様のサファリプロップの評判があまりよくない為、もはやマチェットⅢハードプロップへの交換は必須となります。

アルミアルマイト仕様のKTF社製クーリングプロップナットも装備。冷却性能が上がるというブツですが、効果が体感できるか、という点については未知数w

見た目がカッコイイからオケ。 

ZPIパワードームZX

アンチキャビテーションプレートと呼ばれるパーツ。

※「キャビテーション」とは、エレキのプロップの回転により、プロップ上部の水流が空気を含んでガボガボと乱れてしまう事。こうなるとパワーや電費を大幅にロスしてしまいます。

キャビプレは、写真のようにエレキのプロップの上に取り付けます。乱水流を整流してくれることにより、キャビテーションを防いでくれます。

各社からカーボンやアルミの製品が販売されていますが、耐久性を考慮して金属製のものがおススメ。

これはかなり効果的な部品だと思います。スピード&パワーもさることながら、特に静粛性が高くなったような気がします。

 

X5マウントショート加工&T’sバウデッキ

マウント&バウデッキは、X5マウントショート加工&T’sスタイル社製の3点止め仕様バウデッキ。

 

↑純正のX5マウント

 

↑ショート加工(ミシマ釣具店さんで施工)

 

めちゃくちゃ軽いです。

12V時代はモーターガイドフレックスゲーター360マウント+サウザーバウデッキ仕様だったので隔世の感。

(フレックスゲーター360マウントは運搬を全く考慮していないバスボート用ともいえる強度重視のマウントで、ショート加工が出来ない前時代の産物。とにかくクソ重い。T’sバウデッキを導入して、体感的には半分ぐらいの重量になりました。自重を追記しておきますね。)

レンタルボート上のスペース効率も上がるし、良い事ずくめ。素晴らしい製品です。

 

遊心ペダルブッシュ

遊心T-STYLE製の滑らないペダルブッシュです。横滑り軽減に効果を発揮してくれます。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です