レンタルボートの新便利アイテム。1Lペットボトルと高枝切バサミ。

スポンサードリンク

レンタルボートtips★

レンタルボートの必須アイテムが増えました。

ペットボトルと高枝切バサミです。

その便利すぎる使い方をシェアします。

シャロー進入時tips

レンタルボートでシャローに進入するとき、どうしていますか?

エレキのペラが湖底につっかえて進まなくなりますよね。

私はこれまでエレキのマウント位置を上げて解決していました。

でも本当にドシャローの時はそれでもつっかえる事もあり、仕方なく自分でマウントロープを引っ張って、ペラの高さを微調整しながら進む事もありました。

地上の写真ですいませんwこんな感じで引っ張って高さを微調整しながら進んでました。

でもこれ中腰でキツイし、エレキが付いていると結構重たいので一定の高さを保つのが難しい。

そこで世界のT.namikiが実践していたペットボトルの出番です。

 

ペットボトルの使い方

 

※写真はT.Namiki氏のブログからお借りしています。

写真のように、エレキのマウントに1Lペットボトルを挟みます。

すると、適切な高さを調整しやすく、シャロー進入時にとても便利です。

いちいちエレキのマウントの高さを変更しなくても良いし、ペットボトルを前後させると微調整も可能。

マウントによってはやりにくい場合もあるかもしれませんが、私のゲーターフレックス360マウントの場合、ピッタリすぎてヤバイです。(写真は2Lペットw)

なぜかt.namiki艇の写真は、ペットボトルを横向きにしていますが、縦向きに置くと良いです。

これホント秀逸なんで是非試してみてくださいね*¥(^o^)/*

高枝バサミ

長尺の高枝バサミを持っていくと、とても便利です。

レンタルボート釣行あるあるですが、ルアーを木の枝に引っ掛けてしまう事ってありますよね。

しかも、なんで一瞬でこんなにややこしく絡まった?って枝に問い詰めたくなるぐらい、複雑怪奇に絡みついている事が多いです。

不安定なボートからそれを回収しに行くと、面倒すぎますよね。

そこで高枝バサミの出番です。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です