青木虫ミッド試してみた。なぜ今まで無かったのか感。高速首振りも出来る。

スポンサードリンク

話題の青木虫ミッドを試してみました。

長いシリコンラバーによって、泳ぐ虫系ワームに仕上がっていました。

マテリアル感やアクションをチェックします。

 

青木虫ミッド

 

青木虫ミッドです。

青木虫と、キング青木虫の間を埋めるべく誕生しました。

 

  Length 重さ(Weight)
青木虫 1.5インチ 1.8g
青木虫ミッド 1.7インチ 2.5g
キング青木虫 2インチ 7.6g

とはいえ、キング青木虫だけかなりデカい&重いので、間を埋めるというよりは、青木虫のチョイでかバージョン、といったところ。

フックサイズ

 

推奨フックサイズは2番という事なので、デコイ キロフック ワーム17の2番のオフセットフックを装着してみました。

当たり前ですが、イイ感じのマッチングです。

青木虫と比較

 

残念ながらキング青木虫は持っていないので、手持ちの青木虫との比較。

青木虫ミッドには、青木虫やキング青木虫についていた二本のレッグパーツがありません。

代わりに付いている、長いシリコンスカートが特徴的。

これによってチョンチョンとトゥイッチした際の、首振りアクションを実現しています。

(キング青木虫の’首振りチューン’から得た発想だそうです。首振りチューン、はレッグパーツを除去してシリコンスカートを装着)

この仕様の違いによって、虫系ワームながら点ではなく、線で探る事ができます。

素材感

 

「U.L.D.T.マテリアル」と呼ばれる、バークレー独自の素材を使用。

たぶん、俗にいうエラストマーと近い素材かと思われます。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です