河口湖の放流バスの見分け方と特徴。

スポンサードリンク

河口湖の放流バスの見分け方と特徴をまとめました。

河口湖の放流バス

 

先日、河口湖で放流バスを釣ることが出来ました。

放流くんは、パッとみて明らかに「放流バス」と分かります。

 

どういうポイントで見分けているのか、ネイティブバスと放流バスの見分け方を考察してみたいと思います。

本当はネイティブバスとの比較写真とかあれば良いのですが、ネイティブが釣れないのでナシです、すいません。

 

河口湖のネイティブバスは大昔に釣れたことがあるものの、写真が残っていませんでした(笑)

ネイティブが釣れたら追記しておきます。(いつになるやら。)

ずんぐりむっくりしたフットボール体型

最大の特徴はずんぐりむっくりしたフットボール体型であるということです。

サイズのわりに不自然に太ってる個体はほぼ放流バスと考えて良いでしょう。

養殖場でたらふく餌を食っていたからですね。

口が小さい

マルキュー(MARUKYU) まきえペレット(P3)

マルキュー(MARUKYU) まきえペレット(P3)

484円(12/15 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

放流バスは口が小さいのが特徴です。

養殖場でペレット(小さい餌)を食べて育っているので、口が小さいのでしょう。

ペレットは、鯉のエサみたいなやつです。

サイズは25cm〜35cmぐらい

サイズはさほど大きくなくて、25cm〜35cmぐらいです。

40cmを超えるようなバスが釣れたら、それはほぼネイティブバスということで良いはずです。

放流場所で釣れる

放流場所で釣れたバスは、養殖バスの可能性が高いですね。

また、同じようなサイズが金太郎飴的に釣れ続いたらほぼ放流バスです。

放流っぽいネイティブもいるかも

ネイティブバスとは明らかに雰囲気が違って、違う魚種と言っていいほど見た目が違うので、ほぼ99%見分けることが可能だと思います。

ただし、100%見分けることは無理ですよね。

放流バスに極めて似たネイティブバスがいるかもしれないので…

逆に、ネイティブっぽい放流バス、というのは、育った環境を考えると少ないのではないでしょうか。

まとめ

以上、河口湖の放流バスの見分け方についてでした。

大して釣ってないのに語ってすいません!

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です