【検証】ダイワのCT SVスプールでベイトフィネスできるのか。

スポンサードリンク

ダイワ CT SVスプールのフィネス性能を試してきました。

レスポンスの優れた30mm径スプールによって、ベイトフィネスリールとして使用しても違和感のないフィネス対応力でした。

ダイワ CT SV スプールはベイトフィネスとして使えるのか

左)30mm CT SVスプール 右)34mm スプール

 

ダイワのCT SVシリーズに搭載されている、30mm径のCT SVスプール。

 

小径スプールによって、回りだしのレスポンスに優れており、フィネス対応能力が高いことが特徴です。

そこで気になるのは、ベイトフィネスリールの代わりに使えるのか、というところだと思います。

 

 

前回、’19アルファスCT SVにフロロカーボン12lbをセットしテストした際は、フィネス対応力はやや劣る、という感覚でした。

確かに回転レスポンスは非常に優れているものの、ベイトフィネス専用機に完全に渡り合えるか?と言われるとやや疑問が残る感じです。

(12lbフロロの太糸セッティングであることも影響しているかと思います。)

アルファスCT SV+PEライン

 

そこで、比重が軽くてスプールレスポンスの良くなるPEラインをセッティングし、スプールのレスポンスを再度検証してみました。

よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 150m + フロロカーボン8lb 3m

よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 150m

ラインセッティングは、よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 150mの1号を40mほど巻きつけ、リーダーはフロロ8lbを1m。

シマノ ’16アルデバランBFS XG と同じセッテイングに。 

 

ベイトフィネス専用機としてシマノ ’16アルデバランBFS XGを使用しているのですが、比較しやすいように、同じセッティングとしました。

ほぼベイトフィネスリールである

レッドペッパーマイクロ 3.5g

レッドペッパーマイクロ 3.5g

 

結論から言うと、CT SVスプールの軽量ルアーへの対応力は非常に高く、ほぼベイトフィネスリールとして使える、と言っていい水準だと感じました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です