O.S.P ドライブSSギル!ブルフラットとガッチリ比較!

スポンサードリンク

ギル型ワームの新たな刺客、O.S.PのドライブSSギル!

後発組であるが故、実釣性能が高められていました。

ブルフラットやスタッガーワイドとの使い分けなどを模索します。

O.S.P ドライブSSギル

 

O.S.PのドライブSSギルを試しました!

扁平ボディ、スパイラルフォール、とギル型が釣れる要素をてんこ盛りでリリースされました。

さらにはボトムで跳ねさせると魅せる大車輪(サーカスアクション)など新しい魅力も開眼してきており、さすがの仕上がりです。

セッティングは3.5gシンカーが絶対オススメ。

 

ギル型ワームのセッティングをいろいろ試してみたのですが、3.5gのシンカーを合わせてスパイラルフォールを最大化させ、フォールを主体とした釣りがやはり最もおいしいと思います。

ブルフラットと比較。

 

ブルフラット3.8インチと並べてみました。

最大の違いは、テール部分のアクション。

ブルフラットのそれは「動かない」事がキモというか、泳がないテール、かえってそれがスレにくく、釣れる源泉だと思うのですが..

ドライブSSギルは「ぷりぷりぷりっ」とかなりハイピッチによく動くテールとなっています。

どちらが良いのか、と言われると難しいところですが…

 

正直なところ、いずれかのテールじゃないと釣れない!というシチュエーションは少ないと思うので、好みの問題が大きいかと思います。

どうにもブルフラットのそっけないカンジが信じきれない。という場合には、釣れる感じがするSSギルがオススメです。

塩多め。

マテリアルは、ブルフラットと比較すると、塩が多めなように感じました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です