ロマンメイド ネゴシエーター。邂逅編。釣り人のロマンが詰まっています。

スポンサードリンク

しかし私のネゴはそういった箇所は見られず、全体的に美しい仕上がりとなっています。

ハンドメイドの性質上、どうしても個体差という部分はあると思いますので、あまり細かいことは気にせず、あくまで「味わい」だと解釈しています。

 

フックは前後異形サイズ

 

フックは前後異形サイズが付属。おそらく、前が大きくて、後ろが小さいヤツ。

センターバランスアイタイプのフックが付属していました。

 

念の為、記載しておくとフックには向きが有り、まあいわゆる「ベーシック」なセッティングが最適解だとすれば、このような装着向きになるハズです。

 

ジョインテッドクロー178との比較

 

続きまして、ジョイクロとの比較をしてみて、気が付いた点を挙げていきます。

ジョイント角度

 

ジョイント角度は、ジョイクロよりもやや深め。

これがどのようなアクションを生み出すのか、この辺りは実際に泳がせて、「インプレ編」 として記事を書きたいと思います。

一回り太い

 

ジョイクロよりも一回り太いサイズ感です。

 

懸念点

 

テールは軟質素材のモノが接着剤で固定されており、自分で綺麗に交換出来るのか、という点がやや不安が残ります。

モノ自体は、RomanMade社のHPにて販売されていたので、入手自体は出来そうな感じでした。

 

そして、ウッド製という事でやはりプラ製のルアーよりもずっしりと重たいです。85gという自重をどうさばくべきなのか、投げる前からアレコレ妄想しております。

また、ウッド製で自重もある事により、ぶつけると破損しやすいという事なので、正確なキャストが求められます。鍛えようw

 

まとめ

以上、ロマンメイド ネゴシエーター 邂逅編でした。

次は、インプレ編をお届けいたします。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

※とにかく流通量が少ない為、商品リンクを作成することが出来ませんでした。申し訳ありません..中古が有ったのでそれで代用いたします( ;∀;)

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です