アイバイアイシャッド。メガバスの血が濃い。イマカツ風味を探せるか。

スポンサードリンク

メガバスの伊東由樹氏と、イマカツの今江克隆氏の共同開発で話題騒然のIXI SHAD(アイバイアイシャッド)。

まずはシャローレンジ攻略用のTYPE-Rがリリースという事でさっそく細部を観察してみようと思います。

 

アイバイアイシャッド

長さ:57mm

重さ:1/4オンス

最大潜行深度:1メートル(フロロ10ポンド使用時)

伊藤由樹氏と今江克隆氏のダブルネームということで、i×i(アイバイアイ)シャッド。業界きっての2人のコラボレーションという事で、心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

かくいう私も…という訳で一個購入しました。まあとりあえず1つ買っとくか、って思っちゃうやつですw

メガバスの血が濃い

生産などはメガバスが担当している模様です。

全体的なテイストは、背中のサインや目の雰囲気など含め、はっきりとメガバス風味。

むしろデザインテイストにイマカツ風味はほぼないように感じます。

シャッドとフラットサイドクランクの中間!?

結構ぼてっとした体つきで、フラットサイドクランクのような雰囲気も感じられますね。

LBOⅡ搭載

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です