B.A.S.S.ノーザンオープン戦日本人選手が快挙!…B.A.S.S.や米トーナメントをざっくり解説

スポンサードリンク

B.A.S.S.ノーザンオープン戦での、日本人選手の好成績がビッグニュースとして舞い込んできました。

しかし実はB.A.S.S.ってナニ?「バスマスターオープン」ってナニ?というレベルなので、こっそり勉強しました。

より米国トーナメントシーンを楽しむ為に、米国バスフィッシングトーナメントついて、解説してみます。

アメリカのバス釣り大会

 

まずはアメリカのバス釣り大会の概要を調べてみました。

すごく大まかに言って、B.A.S.S.という団体と、FLWという団体が居て、それぞれ各地で大会を開催しています。

ウィキペディアによると、 伝統と格式のB.A.S.S.(バスマスター)と新興勢力のFLW、という関係らしいです。

 

それぞれのスポンサーを調べてみました。

B.A.S.S.は、大会ごとに異なるのですが、最高峰の大会であるバスマスターエリートは、トヨタ自動車やヤマハなど名だたる大企業が名を連ねています。

FLWは、レンジャーボート、巨大スーパーマーケットのウォルマートなど。

 

今回は、話題になっている「B.A.S.Sノーザンオープン戦」を開催している、伝統と格式の「B.A.S.S.」についてまとめてみたいと思います。

FLWについてはまたの機会にw

B.A.S.S.

 

「バスマスター・~」という大会を運営している組織、「B.A.S.S.」についてです。

「B.A.S.S.」とは、世界最大のフィッシングトーナメント団体で、全部で9つもの大会を開催。

…全てを解説するのは大変なので、よくSNSで話題になる、主に上から5つの大会をご紹介します。

「バスマスター・クラシックシリーズ」

 

バスマスター・クラシックシリーズとは、バスマスターシリーズの中でも、最高峰の大会です。

年に一度開催するトーナメントで、2004年度大会では、大森貴洋氏が「日本人唯一の優勝」を飾っています。

2017年度大会は3月の24日から26日の日程ですでに開催され、若手である、ジョーダン・リー選手(26歳!)が大逆転劇によって優勝しました。

以下クラシックシリーズへの参戦条件です。

・前年度クラシック優勝者
・アングラーオブザイヤー獲得者(バスマスターエリートシリーズ年間優勝者)
・オープンシリーズの優勝者
・エリートシリーズの年間順位上位36名(参戦権獲得重複で変動)
・B.A.S.S.ネイションズ優勝者
・B.A.S.S.カレッジシリーズ優勝者
など

これら条件を見てわかるとおり、それぞれの大会での優勝者や上位ランクの選手たちが集う大会です。

つまり、B.A.S.S.のトーナメントに参加する全員の夢の舞台が、バスマスタークラッシック!なんですね。

並木敏成氏、田辺哲男氏、清水盛三氏など名だたるプロアングラーが参戦を経験されています。

優勝賞金はなんと300,000ドル、(3600万円!)との事。

日本の「バサーオールスタークラシック」がこれに近い大会になるでしょうか。

「バスマスター・エリートシリーズ」

 

バスマスター・エリートシリーズとは、年間を通じて争われる最高峰のバスフィッシングトーナメントです。約100名のプロアングラーで争われます。

こちらはクラシックとは異なり、3月のシーズン開幕戦から8月の最終戦までに全8戦が行われます。

そして9月には年間ランキング50位までの選手で、「Toyota Angler of the Year Championship」が行われ、ここで「アングラーオブザイヤー」を決定します。

参戦には非常に狭い関門が待ち構えています。

以下エリートシリーズへの参戦条件です。

・エリートシリーズで年間ランキング70位以上の成績を収める。翌年のエリートシリーズに自動的に残留。
・バスマスタークラッシックで優勝する。エリートシリーズ参戦権を獲得。
・バスマスターオープンの各シリーズにおいて年間ランキング5位までに入る。3シリーズあるので合計15名が翌年のエリートシリーズへの参戦権を獲得。
・バスネーション・ナショナルチャンピオン1名。
など

出典:SHIMANO

 バスマスターエリートシリーズの優勝賞金は、賞金100,000ドル(約1,200万円)です。

日本の「JB TOP50」的な存在だと思います。

「バスマスター・オープン」

 

「エリートシリーズ」の登竜門とも呼べるのが、「バスマスター・オープン」です。

バスマスター・オープンは、サザン(南部)・セントラル(中央)・ノーザン(北部)の3大会に分かれ、それぞれ3戦ずつ行われます。

それぞれの戦いを制した、上位5名が2018年のバスマスター・エリートシリーズに参戦できる権利を得ることができます。

200名を超える出場選手から、たったの15名しか昇格できない熾烈な争いです。

 

タイムリーな話題である、ジェイムズリバー (バーモント州)での日本人選手達による快進撃は、このバスマスターノーザンオープンの第二戦での戦績になりますね★

当記事を書いているまさに今!8月の3日から5日にかけて、開催されています。

深江真一プロが16lb-10で首位スタート、伊豫部健プロは7lb-10のビッグフィッシュ獲得で暫定3位、さらに加藤誠司プロが15lb-1で暫定5位!という快挙になります。

サブイズムさんが速報をまとめてくださっています。

「バスマスター・ネイションズ」

ネイションズは各地で行われるチャプターのようなモノ。地方のトーナメント、そして全国選手権で厳しい試合を行います。

優勝者には、バスマスター・クラシックシリーズへ出場の切符も用意されています。

 「バスマスター・カレッジシリーズ」

Bass Pro Shopsと、Carharttが冠スポンサーとなる Bassmaster Collegeシリーズ。
 
その名の通り、大学生の釣り人たちに競争の場を提供します。
 
こちらも「ネイションズ」と同じく、たった1人ではありますが、Bassmaster Classicへの切符を手にする事が出来ます。
 

米国トーナメント関連情報に強いブログ★

 
※当記事を書くにあたって、米国トーナメント記事を多数執筆されているサブイズムさん、シャロー道さんの記事を多大に参考にさせていただきました。

まとめ

ふう。分からない事だらけなので、この記事を書くのに大変時間がかかってしまいました。

でも、すこしだけB.A.S.S.の概要を理解することができました。

バスプロショップス-ノーザンオープン戦の続報が気になりますね!

FLWについてはまた別記事でまとめてみたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー