DRT アポロ5.9 インプレ。スコーンリグとかやってみた。

スポンサードリンク

 

フットボール+シャッドテールの組み合わせは、巷では「スコーンリグ」なんて呼ばれているみたいで、春に有効なメソッドという事らしいです。

なんで春なんだろ。

シャローに上がり切ってない、冬~春どっちつかずのポジションのサカナを、ある程度レンジを刻んで狙えるから、でしょうか?

そして、早春のナーバスなバスを、ゆっくり泳ぐシャッドテールで、ナチュラルに狙えるってことですよね、きっと。

私はノースフォークコンポジットのACR73MHで扱いました。

 
タックルはかなりパワフルな仕様が要求されます。
 
私は、チャターやスピナーベイト、シャッドテールワーム等のシングルフック系巻物が快適に扱えるパワフルなグラスコンポジットロッド、ノースフォークコンポジットのACR73MHで投げました。
 
8/0のオフセットフックをシッカリと貫通させられて、かつキャストアキュラシーにも優れたタックルチョイスになります。おそらく。

まとめ

以上、DRTアポロのインプレでした。
 
パワー系シャッドテールワームの金字塔といったところです。
 
ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。
 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です