だいたいの釣れたブラックバスが背びれを閉じている件。

スポンサードリンク

背びれがピーンと張ったバス持ちの写真はバスがカッコ良く見えますよね。

でも釣れたバスの写真を見返してみると、ほとんどの場合背ビレをしまっているように見受けられます。

何故なんでしょうか。

ブラックバスの背びれ

ブラックバスの背びれです。

AもBも背びれです。

ひれは、「膜」と「き条」と呼ばれる細い棒のような組織で構成されています。

Aはスパイニーな棘(とげ)になっています。

BはAよりもやわらかい「き条」で構成されており、「軟条」と呼びます。

※ググりましたw

出典:魚の体

だいたい閉じている

以前は特に意識していなかったのですが、なんかブログネタになるようなバスの特徴無いかな~?って釣れたバスの写真を見ていたんです。

すると釣れたブラックバスのほぼ9割が背びれを閉じているという事が発覚しました。

だからなんだ。というお話ではあるんですがw

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • Brandon PalaniukさんがAbemaTVでスモールを持ちながら、腹をくすぐると背びれを開くって仰ってました。ラージでも通じるのか、今度やってみたいです。

    • おお、そんなテクニック?があるのですね。
      やっぱり写真映えするのは、ヒレをぴんと張っている姿だと思うので、こんどやってみたいと思います♪ありがとうございます(*’ω’*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です