フィッシングショー横浜2019 訪問レポート。アブガルシア編。

スポンサードリンク

フィッシングショー2019訪問レポート第3弾。今回は、アブガルシア(ピュアフィッシングジャパン)編です。

得意のパワー系リールを更に充実させた、ストロングスタイルへの注力が印象的でした。

また、バークレー マックスセントのクサいハナシも聞いてこれましたよ!

ストロングスタイル=アブガルシア

ギア比10.5というウルトラハイギアなどド級のスペックで沸かせてくれたアブガルシアブース。

キムケン氏他、ストロングフィッシャーマンのスタイルを支える、パワフル&高剛性なリール達が今年の目玉です。

以前からビッグシューターコンパクトやレボブラック9等のリールで、ビッグベイトやフロッグを多用するパワー系アングラーの強い味方という地位を確立していますが、今年の新製品である、BLACK10やRevoビーストでますますその地位を盤石なモノにしていくぞ、という強い意志が感じられました。

そんなアブガルシアのNEWリールたちをご紹介いたします。

Revo ロケット

 

 

 

 

まず目を引くのは、最大巻き取り長なんと1メートル越え、105㎝!というRevo ロケット。爽快なネーミングがイイ感じですww

ウルトラハイギア!?とでも呼びたくなる圧巻のギア比です。打ちモノ等で、カバーから素早く引き剥がしたい!という需要に超マッチ。

絶対巻きが重たいでしょう!?と思ってぐりぐりハンドルを回してみましたが、違和感や扱いにくさは皆無。

ごつめなハンドルノブ&90mm純正カーボンハンドルで、ギア比に負けない巻き取り感覚だと思いました。(触っただけですがw)

いやはや、ハンパないですぞ。

Revo ビースト

 

 

浅溝ってなに?オイシイの?と言わんばかりの欲張り深溝ラインキャパ(20lb100m)。

(大量のラインを飲み込む割にはコンパクト設計という事で、確かにボディは他社のロープロリールと同様のサイズ感です)

スプール径37.5mmと、軽量ルアーは完全に捨てた割り切り設計。

ドラグMAX14Kgと、ドラグを締め込んだら全く動く気配を見せない怪魚想定の鬼ドラグ。

ハンドルも95mmでノブもごっつい。漢、いやまさに獣の為のパワフルリールがRevoビーストです。

ビッグベイト&ジャイアントベイトフリーク歓喜の一台ですな。

Revo BLACK10

 

 

 

キムケンプロデュースのレボ ブラック10。第4世代のレボをベースにモデルチェンジしました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です