ハンドメイドクランクを作ってみる3。セルロースどぶ漬、下地塗装の巻。

スポンサードリンク

ど素人のハンドメイドルアー制作日記第3弾です。

ついに塗装工程に入りますが、がっつり失敗したので、注意点をまとめます。

セルロースどぶ漬

 

前回、ウェイトとヒートンの取り付けまでやりました。ついに塗装工程に入ります。

 

まずは、セルロースにどぶ漬けしていきます。

バルサ材にセルロースを染み込ませることで強度をあげるための作業です。

3回ほど、染み込み→研磨→乾燥を繰り返し、ツルツルのお肌に仕上げていきます。

 

3回ほど繰り返すと、ツルツルピカピカのいい感じに仕上がってきました( ´ ▽ ` )

ここまでは良かったんですよ…ええ。

サーフェサー吹き付け

 

iwata社製コンプレッサー+エアブラシを使用し、塗装のベースとなるサーフェサーを吹き付けていきます。

 

 

ANEST IWATA エアーブラシ エクリプスシリーズ HP-BCS

ANEST IWATA エアーブラシ エクリプスシリーズ HP-BCS

14,190円(10/24 14:10時点)
Amazonの情報を掲載しています
アネスト岩田 オイルフリーミニコンプレッサー IS-800J

アネスト岩田 オイルフリーミニコンプレッサー IS-800J

20,064円(10/24 14:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

フィギュアやプラモデルを作成する際に実施する工程です。

 

ぶっちゃけ、削りだした原型が実はかなり凸凹しています(汗

そのため、サーフェサーを重ね塗りして、表面のアラを隠す作戦にしました。

サーフェサー重ね塗り→紙やすりで研磨、を繰り返していきます。

 

ハンドメイドクランクにサーフェサーが必要かどうかは微妙ですが、まあこれもやり方の一つということで(^-^)

乾燥

 

塗装のたびに、十分に乾燥させます。季節にもよりますが、半日ぐらい待ったほうが良さげ。

一見乾燥しているように見えて、実は乾いているのは表面だけということがあります。

 

早く色塗りてえ、ってなるので、ついつい乾燥をおろそかにしがちですがグッと我慢してください。

いやマジで…

紙やすりで研磨

 

が、やっぱりやってしまいました。サーフェサーが完全に乾燥していない状態でヤスリがけしてしまい、カオスな状態に。

あの呪いクランクの呪いか…

まとめ

以上、ハンドメイドクランク第3弾、セルロースどぶ漬、下地塗装についてでした。

ここからリカバリー出来るのか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です