ハンドメイドクランクを作ってみる。バルサ材の削り出し編。

スポンサードリンク

ハンドメイドクランクベイトに挑戦してみることにしました。

まずはバルサ材の削り出しに挑戦します。

バルサ材

 

バルサ材を用意します。

初めて作る場合、10mm厚のものがおすすめ。(上二つが10mm厚っす。)

コーナンバルサですwコーナンバルサは硬めなのであまりおすすめできません^^;

左右2分割で作っていくよ!

 

ハンドメイドルアーの作り方は様々なやり方がありますが、左右2分割で整形していく方法でやっていきます。

10mm厚のバルサ材を2枚重ねて整形するイメージです。

もともと10mm厚のバルサ材を重ねて使うことによって、左右の厚みのブレを防ぎます。

最初は、20mmや30mmの分厚いバルサを削って、途中で半分に分割してみたのですが、それだとほぼ確実に左右の太さが均等になりません(^_^;)

モデルを原型に、作りたい形を書く

 

鉛筆か何かで、バルサ材に作りたいクランクベイトの形を書いていきます。

WECのE-2を参考にしてみました(・∀・)

ざっくりと切り落とす

 

まずはバルサ材をざっくりとした大きさに切り落とします。

時短で整形したいので、IKA工房のスーパーサーキュラソウテーブルでやりました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です