O.S.P ZERO FIVE “TUGGER”[タッガー]がデビュー。「カバースモラバ」のライセンス。

スポンサードリンク

「カバー攻略専用スモラバ」としてリリースされたo.s.p ZERO FIVE “TUGGER”[ゼロファイブ タッガー]。

今までありそうでなかったO.S.Pからのカバースモラバ。

「タッガー」をご紹介するとともに、改めてカバースモラバに求められる要件をまとめます。

o.s.p ZERO FIVE “TUGGER”[ゼロファイブ タッガー]

 

スペック

Weight 2.7g/3.3g/4.0g
Skirt シリコンラバー
Color 7色(全14色予定)
Price 2.7g 580円(税抜) 
3.3g 4.0g 610円(税抜)
発売年月 2017年10月

出典:O.S.P

O.S.Pのジグのラインナップに、新たに加わった「O.S.P JIG ZERO FIVE “TUGGER” 」[ゼロファイブタッガー]。

今までO.S.Pのラインナップにありそうで無かった「カバー攻略専用スモラバ」という事で、注目の新製品です。

すり抜け性能と適度な引っ掛かりを両立した樹脂タングステンヘッド、MHクラスのタックルにも耐える線径のフック、ウェイト別に調整されたガードなどを搭載。

カバースモラバに大切な事

 

これまで、パワーフィネスやベイトフィネスタックルで、各社からリリースされているカバースモラバをいくつか使ってみました。

カバースモラバに求められる性能は、以下が大事になります。

すり抜け性能

これはカバースモラバにおける最も大切なポイント。

ややこしいカバーに絡めたときに、スッと抜けてきてくれるスナッグレス性能。

これが欠けていると釣りのリズムが著しく狂ってしまいます。

すり抜けすぎない

かといって、あまりにすぽすぽ抜けすぎると、カバーに意図的に引っ掛けてのシェイクが演出しにくい。

「抜けやすさ」と「適度なスタック感」の絶妙なバランスが求められます。

フックの強度

カバースモラバは、M-MHのロッド、8lb-14lbのフロロラインまたは1~2号のPEラインを使用するので、それらに負けない強靭なフックが求められます。

フッキング性能

合わせて、カバーの奥という、フッキングパワーがロスしがちな場所での、高いフッキング性能も求められます。

 

すり抜け性能を求めれば、ガードを増やすことになり、フッキング率は落ちます。

そして強度の高い太軸のフックも、初期貫通力は細軸よりも劣ります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です