[NEW]ご報告。TSURI HACKで記事を書くことになりました。

スポンサードリンク

TSURI HACK ライターとして活動スタートしました

TSURI HACK
 

今日はちょっとしたご報告です。釣り好きであれば多くの方がご存知である、有名釣りメディア「TSURI HACK」さん。

この度ご縁がありまして、TSURI HACK記事ライターとして活動することとなりました。

もちろんikahimeの方でも記事はこれまで通り書きながら、TSURI HACKさんの方にも寄稿していくというイメージです。

第1弾記事は、レンタルボート入門

バス釣りレンタルボート&エレキ入門!借り方や操船方法まとめ。
 

実は、第1弾記事はすでに公開されております。

 

バス釣りレンタルボート&エレキ入門!借り方や操船方法まとめ。と題しまして、レンタルボート初心者向けの記事を書かせていただきました。

ボートだけでなく、エレキ、バッテリーなども含めて「フルレンタル」する場合のボートの借り方、注意点、あると便利なアイテムなどをまとめています。

 

おかっぱりが中心で、まだレンタルボートを借りたことがないぜ!なんて場合に、少しばかりお役に立てるかもしれない内容となっております。

 

自分一人で編集しているikahimeとはまた少し違ったテイストになっておりますので、ぜひご一読いただけると嬉しいです!

(写真も出来るだけ違う写真を使うようにしています。)

TSURI HACKというメディアについて

 

TSURI HACKというメディアについて、ぶっちゃけ、いわゆる「キュレーションメディア」というイメージをお持ちの場合もあるかもしれません。

 

しかし、記事を読んでみると分かるのですが、全然そんなことはないんです。

各地の釣りウマさんがライターとして記事を書かれており、実釣に基づいた有益な記事が非常に多いです。

 

これは、方針として可能な限り「現場主義」、「実釣主義」をモットーにしている、とのことでした。

 

私自身、正直いって「企業がやっている釣りメディア」よりも「個人ブログ」の方が好きです。

でも、TSURI HACKは「個人ブログの集合体」のようなイメージに近い感じになってきているのかな、と感じています。

TSURI HACK × ikahimeで出来ること

・自分だけでは思いつかない記事が書ける

・お互いのメディアを紹介出来る

・被リンクでドメインパワーUP

ということで、メリットだらけでデメリットが見当たらない。ので、私の方からぜひライターをやらせてください!とお願いさせていただきました(笑)

今回のやり方で、読者様、TSURI HACK、ikahimeの3方ヨシのwin-win-winの関係が築けると考えています。

TSURI HACKさんのスタンス

今回TSURI HACKでライターとして活動するにあたり、TSURI HACKさんの心意気というか、スタンスがとても素敵でして。

・ikahimeで書きたい記事は、ikahimeで書いて良いよ。

・ネタだしは相互に相談してやりましょう

ということで、非常に柔軟かつ、こちらがやりやすいように配慮してくださっています。これは本当にありがたいことです。

 

第1弾記事を書かせていただいた所感としましては、やはり自分一人で記事を書くよりも、記事の見せ方や内容についてより良いモノが出来ると感じました。

ikahimeは、企画→執筆→公開まで全部自分一人ですので、割とラフになることも多いのですが(苦笑)、TSURI HACKではしっかりと見せ方を考慮して作り上げています。

まとめ

以上、TSURI HACKの記事ライターとして活動するよ!というご報告でした。

今後もTSURI HACKで執筆したら、ikahime内の記事と同様に紹介していきますので、ikahimeを読む感覚で読んでいただけるとめっちゃ嬉しいです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です