バス釣りブロガーオフ会@豊英ダム。’秋は広範囲に散る’を知る。

スポンサードリンク

バス釣りブロガーオフ会を豊英ダムで開催しました。

カバーでも、中層でも、ブレイクでも釣れた豊英ダム。

秋のバスは散っているという事が強く感じられる釣行となりました。

 

バス釣りブロガーオフ会@豊英ダム

 

 

豊英ダムでバス釣りブロガーオフ会を実施してきました。

一応バス釣りオフ会!?なので、どんなバスがどんな場所で釣れたかまとめてみたいと思います!

 

参加メンバー★

 

6人で釣りしてきました!

★私+Tsuriluck

SIMOSAKANAさんご夫婦艇

Sabuism+DeeepStream

的な感じです!

 

立ち回り

 

私は前日にも豊英ダムに来て、上流でいい思いをしたのもあって、とりあえず上流チェックに向かいます!(‘◇’)ゞ

思い出巡りじゃないよ!嘘、思い出巡りですww

 

Tsuriluckさんブリッツフィッシュ

 

同船したTsuriluckさんは巻き修行をするという事でタイニーブリッツDRをキャスト。

するとすぐに中流域で安心フィッシュをGET.特にカバー等に当てていたワケではなく、中層クランキング的な感じ。

幸先の良いスタートです。

DoLiveSSギル

 

その後、私のDoLiveSSギルにもバイト。レギュラーサイズな岩盤バス。

 

SIMOSAKANAさんご夫婦も

 

SIMOSAKANAさんご夫婦も、川筋のカバーでナイスフィッシュをGETされていたようです(*^_^*)

旦那様は40UPもGET!という事で、なるほど、カバーフィッシングもアリなんですねえ♪

 

こんな美味しそうな「崩落したてホクホクカバー」もあって、豊英ダム、カバー打ちが捗ります!

本湖

 

川筋に飽きて、前日はノーチェックだった本湖方面もチェックする事に。

しかし私とTsuriluck氏はアジャストできず、異常ナシ!

 

ただ、本湖エリアも釣れていないワケではなく、KenD氏が十八番のワンテンやヴァルナで沖のブレイクから魚を浮かせ、釣っていた模様。

 

シャッフル

午後はバックシーターをシャッフルして出撃!

★私+SIMOSAKANA(妻)艇

SIMOSAKANA(夫)+ DeeepStream

Sabuism+Tsuriluck

に再編成!

再び上流へ

上流に固執する私のわがままを聞いていただき、再び上流へGO.

水深が3-4mほどになる中流域あたりから、打ちと巻きで流していきます。

Nories Deeper Range 1/2oz

 

私のディーパーレンジにお豆さんがバイト。小さいけどハードベイトで釣れたらやっぱり嬉しい。

 

アオヤロウまみれ

 

そして、がっつりアオヤロウに行く手を阻まれましたが、絶対にエデンが存在すると踏んで、突入!

SIMOSAKANA(妻)さんナイスフィッシュ

 

一瞬のアオヤロウの切れ目で、SIMOSAKANAさんに今日一のGOODFISH降臨!素晴らしい!

HITルアーはバークレー マックスセント Dワーム5.5インチのネコリグ!

丁寧なアプローチ、無駄な力が入っていない綺麗なキャストなど、女性アングラーには見習うべきことが多かったです(‘ω’)

 

SIMOSAKANA(夫)+DeeepStream艇

SIMOSAKANA(夫)氏とDeeepStream氏は午後も本湖エリアのブレイクにて、ジャーキングにて魚を追加されていた模様です。

Sabuism+Tsuriluck艇

Sabuism氏は本湖のフラットから続くブレイクで、シューティングでバスをGETされていたようです。

HITルアーは、じゃらじゃらラトリン系のアメちゃんバイブレーション。

Tsuriluck氏のアベンタにもバイトあるものの、ノラず、との事でした。

 

房総アングラーと琵琶湖アングラーの対比

帰りのラーメン屋でお話した内容で興味深かったお話。

 

SIMOSAKANAさんご夫婦は、カバーフィッシュを何本かGETされていたという事で、房総アングラーは釣れるカバーの見極め能力に長けています。

逆に、KenD氏はふだん琵琶湖でインビジブルな釣りをメインにされているだけに、魚探を使用して地形変化を釣る能力に長けていました。

 

その辺の、房総アングラーと琵琶湖アングラーの対比が面白かったです。

 

ホームとするフィールドによって、アングラーの育つスキルがこれほどまでに違うとは。両方できたらヤバいアングラーが生まれるのかも!?

秋の豊英ダム釣れてます

という訳で、中層、中流域のカバー、上流のサイト、本湖の地形変化等あらゆる魚が反応してくれた豊英ダム。

 

秋は散っているとよく言いますが、実際に特定の場所に固執せずにバスが広範囲にいるという事が分かったような気がしました。

もし自分だけで釣りに行っていたら分からなかった事です。

 

皆様それぞれ狙っている魚が違って、とても面白いオフ会になりましたね!豊英ダム釣れてます!

 

まとめ

以上、バス釣りブロガーオフ会@豊英ダムの様子でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー