バス釣りブロガーオフ会@豊英ダム。’秋は広範囲に散る’を知る。

スポンサードリンク

バス釣りブロガーオフ会を豊英ダムで開催しました。

カバーでも、中層でも、ブレイクでも釣れた豊英ダム。

秋のバスは散っているという事が強く感じられる釣行となりました。

 

バス釣りブロガーオフ会@豊英ダム

 

 

豊英ダムでバス釣りブロガーオフ会を実施してきました。

一応バス釣りオフ会!?なので、どんなバスがどんな場所で釣れたかまとめてみたいと思います!

 

参加メンバー★

 

6人で釣りしてきました!

★私+Tsuriluck

SIMOSAKANAさんご夫婦艇

Sabuism+DeeepStream

的な感じです!

 

立ち回り

 

私は前日にも豊英ダムに来て、上流でいい思いをしたのもあって、とりあえず上流チェックに向かいます!(‘◇’)ゞ

思い出巡りじゃないよ!嘘、思い出巡りですww

 

Tsuriluckさんブリッツフィッシュ

 

同船したTsuriluckさんは巻き修行をするという事でタイニーブリッツDRをキャスト。

するとすぐに中流域で安心フィッシュをGET.特にカバー等に当てていたワケではなく、中層クランキング的な感じ。

幸先の良いスタートです。

DoLiveSSギル

 

その後、私のDoLiveSSギルにもバイト。レギュラーサイズな岩盤バス。

 

SIMOSAKANAさんご夫婦も

 

SIMOSAKANAさんご夫婦も、川筋のカバーでナイスフィッシュをGETされていたようです(*^_^*)

旦那様は40UPもGET!という事で、なるほど、カバーフィッシングもアリなんですねえ♪

 

こんな美味しそうな「崩落したてホクホクカバー」もあって、豊英ダム、カバー打ちが捗ります!

本湖

 

川筋に飽きて、前日はノーチェックだった本湖方面もチェックする事に。

しかし私とTsuriluck氏はアジャストできず、異常ナシ!

 

ただ、本湖エリアも釣れていないワケではなく、KenD氏が十八番のワンテンやヴァルナで沖のブレイクから魚を浮かせ、釣っていた模様。

 

シャッフル

午後はバックシーターをシャッフルして出撃!

★私+SIMOSAKANA(妻)艇

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー